StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【CONTAX】しっかり645。

コンタックスのフィルム一眼レフ・S2bを紹介した、【CONTAX】じっくりS2b。
今回は中判フィルムカメラ CONTAX 645をご紹介。

CONTAX 645は1999年に発売された京セラ・ヤシカコンタックス唯一の中判フィルムカメラ。
その美しいデザインと使いやすさ、カールツァイスの素晴らしいレンズたちを使用することもできるということでプロフェショナルな写真家やカメラマンからも愛された銘機です。

120のブローニーフィルムで16枚、大事に撮りながらもやり直すことができる絶妙な枚数が筆者のお気に入り。
独特の縦横比によって写真に密度が生まれるところも645ならではです。

 

・・・

 

『Kodak PORTRA 400』

 

・・・

 

上品かつ控えめな色合いが個人的に好みな『Kodak PORTRA 400』
春の香りや空気感を再現するのにもってこい、35mm判でも頼りになる一本です。

スキャンは『EPSON スキャナー GT-X830』で行いました。
購入後すぐに使い始めることができ、時間をかけることで更に高解像度・小さなホコリの除去も行うことができるということで非常に使い勝手の良いスキャナーです。

レンズは『CONTAX Planar T* 80mm F2 (645)』
CONTAX 645の標準レンズでありながら最も人気の高い一本、
とろけるようなボケと瑞々しい描写が特徴で、このレンズを使う為にCONTAX 645を買ったと言っても過言ではありません。

【FUJIFILM】GFX x あの銘玉。其の二
こちらの記事で『FUJIFILM GFX 50R』との組み合わせを試しましたが、5000万画素にも十分対応しておりアダプターを介した使い方も魅力的です。

唯一の懸念材料といえば中古流通量が非常に少ないこと。
当店でも入荷は少なく過去の限定モデルや希少品と肩を並べプレミアムコレクションとして販売しているほどです。

 

・・・

『FUJIFILM Velvia 50』

 

・・・

 

『FUJIFILM Velvia 50』と組み合わせるとまさにツァイスというような濃く深みのある発色。
この美しさ・立体感はリバーサルフィルムをルーペで覗いていただきたいというのが本音です。

ルーペといえば『Carl Zeiss Triotar T* Lupe 5x』というルーペを使用しています。
純粋にものを大きく見たいときは採光スリーブで、フィルムを鑑賞するときは遮光スリーブで
T*コーティングを二度(一度目はレンズ、二度目にルーペ)通して見るリバーサルフィルムは格別です。

〈リバーサルを645とプラナーで撮ってトリオターで愉しむ、至福のひと時。〉

気になる使い方ですが、
・フィルム巻き上げが自動
・絞り優先・シャッタースピード優先での撮影が可能
・レンズのほぼ全てがAF使用可能(CONTAX Makro Planar T* 120mm F4を除く)
ということでプロフェッショナルモデルと言いながら実は誰でも簡単に使うことができるのです。

 

・・・

 

いかがでしたでしょうか。
価格や重さ・フィルム一本あたりの撮影枚数を考えると少し躊躇してしまう気もしますが、
このカメラ・レンズでしか撮ることのできない写真があります。

〈リバーサルをCONTAX 645とプラナーで撮ってトリオターで愉しむ、至福のひと時。〉

人生をより豊かにするための呪文です。

 




[ Category:Carl Zeiss FUJIFILM | 掲載日時:21年09月12日 17時30分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP