【CONTAX】 EOSで楽しむPlanar T*50mm F1.4 MM


CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM

ボディ: Canon EOS M3

「初めてマウントアダプターを使ってオールドレンズで撮りたい。」

そんな相談をすると必ずオススメされるであろうレンズのひとつが
このプラナーT*50mm F1.4です。

オススメされる理由はいくつもあると思いますが、
今一度このレンズで撮影してみて、その理由を確かめてきました。

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3
今回装着したボディはAPS-Cサイズのセンサーを持つEOS M3。
つまり焦点距離は35mm判換算で80mm相当になります。

今回のプラナーT*50mm F1.4 MMを初め、ヤシカコンタックスのレンズを
装着するためのアダプターは種類が多く、
ソニーEマウント、EF-Mマウント、マイクロフォーサーズ等、
装着するボディによって焦点距離も変わるので、
同じレンズでも様々な画角で楽しめる事は魅力のひとつです。

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3
解像度抜群のレンズ!というよりは、優しく柔らかい傾向にあるのがプラナーの魅力。
その恩恵もあり、このレンズが作るボケは大きくて柔らか。

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3
プラナーT*50mm F1.4 MMの最短撮影距離は45cm。
焦点距離50mmで最短撮影距離45cmと聞くと平凡ですが、
EOS M3につけたら80mmで45cm。「少し寄れるレンズ」になります。

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3
もちろんキレのよい画も撮れます。

「開放絞りで柔らかい描写が絞ってゆくほどに解像してくる。」
という一般的なレンズの特性。

プラナーT*50mm F1.4はその変化が分かりやすく、
液晶ビューファインダーを覗きながら絞り環をカチカチと指で回すごとに、
その基本的な特性を手に取るように感じ取ることが出来ます。
これがこのレンズの最大の魅力だと思います。

CONTAX Planar T*50mm F1.4 MM + Canon EOS M3
春を見つけました。

写真を撮るという行為の意味も人それぞれ。
マニュアルレンズをカメラに装着し、
ゆっくり、じっくりと街を歩くという時間の使い方を教えてくれるというのも
このレンズの魅力のひとつかもしれません。

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

ここでオールドレンズビギナーの方への「薀蓄(うんちく)」をひとつ。

初めてプラナーT*50mm F1.4の購入を考えられている方が最初に迷うのが
「Planar T*50mm F1.4 MM」にするか「Planar T*50mm F1.4 AE」にするか。

違いはいくつかあるのですが、
マウントアダプターでデジタルカメラに装着する場合は
絞り羽根の形状の違いが一番重要でしょう。

コチラをご覧ください。

少し絞ると、このように絞り羽根の形状が違うことが分かります。
(写真左:AEタイプ、右:MMタイプ)

手裏剣のように角が尖ったAEタイプで撮影すると

このように光源も同じ形になります。
ボケにも影響しているので、角のないMMの方が若干柔らかいボケになると言えるでしょう。

写真に大きな差は出ないので、より安く探している方は
MMより少しリーズナブルなAEにするのも良いですね。

↓ご注文はコチラ↓

締め切り迫る!! 1月12日まで!!
↓詳しくはメーカーキャンペーンサイトで!↓

マウントアダプターでカメラとレンズの組み合わせは無限大。
あなたらしい個性のある組み合わせを見つけてみませんか?

マウントアダプター専門のコンテンツを作りました。
ご使用の際はぜひ一度ご覧いただければと思います。

マップカメラなら安心の1年保証!
中古商品も安心してお使いいただけます♪
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓


〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年01月07日 16時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP