StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【CONTAX】T3で切り撮る日常

【CONTAX】T3で切り撮る日常

朝晩はめっきり肌寒くなり、季節の移ろいを実感します。
季節の変わり目は体調を崩しやすいため、皆様もくれぐれもご身体をご自愛なさってください。

それではさっそくですが、本題に入りたいと思います。
表題の通り、CONTAX T3で日常の風景を切り撮ってみました。

↓ 本日ご紹介するMAP TIMESで使用した機材はこちら ↓
CONTAX (コンタックス) T3
FUJIFILM (フジフイルム) PROVIA100F 135/36枚撮り

実はリバーサルフィルムを使うのはこれが初めてです。
T3の描写と合わさり、どのような写りをするのか楽しみにしながら、現像から上がってくるのを待ちました。

film / FUJIFILM PROVIA 100F

さて、肝心な写りはというと…
日常の何気ない風景もリバーサルフィルムで撮ると、何処となくドラマティックでストーリー性を感じます。
T3のシャープで高コントラストな描写がそれを一層引き締め、まるで映画のワンシーンのようです。

film / FUJIFILM PROVIA 100F

リバーサルフィルムは色乗りが良く、解像度も高いため、風景撮影にはとても適しています。
その場の光をそのままフィルムに閉じ込めたかのような、そんな気配さえ感じます。

film / FUJIFILM PROVIA 100F

有機物と無機物を一緒に撮影しましたが、どちらの表現も素晴らしいです。
草木の立体感やクレーンの鉄骨一本一本も緻密に描写されており、いい意味でフィルム写真とは思えない感動があります。

film / FUJIFILM PROVIA 100F

「ノスタルジー」という言葉がしっくりきます。ここから色々な想像を膨らませるのも一興でしょう。
T3のCarl Zeissレンズは、緻密で繊細な表現を得意としており、空気感そのものを写し出します。

film / FUJIFILM PROVIA 100F

光の表現がとても美しいです。
リバーサルフィルムはラチチュードが狭いため、適正露出での撮影が求められますが、
その露出さえしっかりとハマれば、豊かな光のグラデーションを生み出すことも可能です。

是非この機会にコンパクトなCONTAX T3を持ち出して、秋色に染まった日常を切り撮ってみてください。
そこには非日常と出会えるチャンスが広がっていることでしょう。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年10月03日 12時00分 ]
11+

RECOMMEND

PAGE TOP