【DJI】Hello New Vlog.Scene1

DJI Osmo Pocket

Hello New『Vlog』

VideoのVにBlogを合わせた造語。

それが『Vlog』です。

あまり聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。

そもそもBlogとは、
Weblogの略称で、自分の撮影した写真や思い浮かんだ意見、日頃の感想をWeb上の日記に記すもの。
それに対して感想など、見た方が自由にコメントできる形式のWebサイトのこと。

VlogはWeb上でのlog(日記)今はSNSも含め、写真や文章ではなく動画で記録して投稿するものとなります。
*注*Panasonic製カメラで行うLog撮影の中にV-Logという形式がありますが、それとはまた異なるものとなります。

動画で記録するというとYouTuberを想像する方もいらっしゃるかと思いますが、
Vlogは日々の日常を動画で撮影し、それをコンテンツとして投稿すること(アマチュアを含む)
YouTuberはユニークな内容を企画&実行しコンテンツとして投稿すること。
という違いがあります。

前置きが長くなってしまいましたが、
要は旅行や日常生活、お子様の成長記録、
ちょっとしたお出かけの際に気軽に動画を撮って思い出を残しましょう。

ということです。

初回のScene1はDJI Osmo Pocket

DJI Osmo Pocketの最大の特徴はジンバルです。

スマホやカメラなど強力な手ブレ補正を搭載している機種はありますがジンバルを搭載しているカメラはDJIのみです。

そしてこのジンバル、細かいブレはまったくありません。
片手で歩きながら撮影しても、歩行の際のブレは若干ありますが、ほとんどブレていません。

クイっとカメラが動いてしまいましたが歩きながらの撮影になります。
歩きカメラ。ではありませんが私自身はちゃんと前を向いて歩いております。

カメラだけを横に向けての撮影ですが、暗い夜にもかかわらずしっかり撮れています。

これはFPVモードという機能でユーザーの目線に合わせてカメラの動きを再現するので、
ジンバルの向き(撮りたい方向)に沿ってスムーズな動きで撮影できるのも特徴の1つです。

今まで一眼レフやミラーレス、ハンディカムなどで動画撮影!というと少し敷居が高いように感じてしまいます。
Osmo Pocketを使用していると動画撮影というよりは見たものを記録している感覚になります。

Osmo Pocket単体での撮影や、設定変更などはもちろん可能ですがスマホを取り付けることでより細かい設定や機能などを使うことができます。

ストーリーモードはその1つであらかじめ設定された撮影パターンとカメラワークを組み合わせて、専用のフィルターやサウンドトラックも用意されていて、そのまま撮影すれば編集などは自動で行ってくれます。

午後!

Osmo Pocketを起動すると毎回ジンバル部分を体操するかのようにくるくる回ります。
そんなOsmo Pocketを起動する度にちょっとかわいいと思ってしまいました。

小型軽量でとにかく簡単に撮影ができる事と別売りで防水ケースなども発売されている為、水中での活躍も間違いありません。

まだまだ日本では馴染みがないVlogですが、既に海外では多くの動画が投稿されています。

日本国内でも一部のタレントさんや一般人の方もVlogを投稿している方は増えています。

このHello New Vlogでは今後も撮影を行う機材や機能の紹介はもちろん、
動画を気軽に、気楽に撮影できる楽しさをお伝えしていければと考えております。


[ Category:etc. | 掲載日時:19年11月04日 14時51分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP