【FUJIFILM】プロビア・オペレーションin室内

今日ご紹介するMapTimesで使用した機材こちら
『FUJIFILM (フジフイルム) X100V シルバー』

今回は特集の第三回目となります。

2020年2月に発売された「X100V」は、「X100シリーズ」の第5世代モデルです。
新しい機能や外観の変更などもあり、いろいろと進化しました。
レンズも新設計となり非球面レンズが1枚から2枚に増加になってます。
光学式・電子式を切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」や、多数の「フィルムシミュレーション」等…。独自の世界観を持ったX100シリーズの最新作です。
このカメラを駆使し、スタッフそれぞれが「室内で一つのフィルムシミュレーションだけ」を使用するという企画。
それがこの「○○○オペレーションin室内」です。

今回はFUJIFILMの基本ともいうべきPROVIA(プロビア)/スタンダードです。
普段の撮影、見たままの自然な色彩の描写に向いているフィルムシミュレーションになります。

まずは家の愛犬TOTOを撮影してみました。
この日は天候も悪くあまり散歩にも連れ出せない状況ではありましたので少ししょぼくれているように見えます。
かなり近づいて撮影してみましたがX100シリーズが発売されて以来初のレンズの更新を果たしたこともあり、精細な描写を得られる現代的なレンズの写りをしています。
ただ、遠距離と近接では描写の傾向が少し違うように見えます。
近くで撮影してみた際に感じられるのは距離をとって撮影する際よりも少し柔らかめの描写に感じられるのです。
とはいえ、それまでのシリーズよりも解像は高めの描写が得られます。
犬や猫などのペットを撮影する際の描写としてはなかなか良いのではないでしょうか。

私が初めて使用した一眼レフカメラです。MINOLTA X-600です。
当時から目の悪かった私にはフォーカスエイドが使用できるこのカメラはとても使いやすい機体でした。
昔を思い起こしながら思い出の品を引っ張り出して写真に残してみるのもなかなか良いものです。
室内の照明だけで撮影してみたのですが特に問題なく、立体感を伴った写りを得られている思います。

フラッシュを使用して撮影をしています。もともとそのままの自然な色彩を得られるプロビアなので、見た目通りの自然で被写体のそのままの発色で収まっています。

少し離れて撮影をしてみました。といっても室内なのでさほど距離はとれておりませんが、近接で撮影した時よりもパリッとした描写が印象に残ります。現代風の精細ではっきりとした描写です。

再度フラッシュを使用してTOTOを撮影してみました。白い部分が少し飛び気味になりますが柔らかい毛並みを写し取れています。目にフォーカスしているのですが、くっきりとした精細な描写が得られているのではないでしょうか。

今回使用したフィルムシミュレーションのプロビアは自然な色再現で幅広く活用できる標準的な階調と発色が特徴となるものです。
室内で撮影をしてみましたが何気ない生活の中だからこそ、FUJIFILMのフィルムの素晴らしい彩色が映えるとおもいます。
FUJIFILM X100Vには多彩なフィルムシミュレーションが搭載されています。
皆様もぜひFUJIFILMの色彩を体験されてみてはいかがでしょうか。

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:20年04月22日 12時00分 ]
6+

NEW POST

MORE
PAGE TOP