StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【FUJIFILM】付けたらどうなる?GFX+???~MS-Opticsレンズ編~

既にかなりの量になりました。このシリーズ。

今回も意外なレンズをGFXに装着して検証してみます。

知る人ぞ知るメーカーであるMS-Optics。個人で製作されたライカMマウント互換レンズです。

個性の強い描写や鏡胴の形は国内外問わず、愛好家の多いレンズ群はGFXと使用するとどうなるでしょうか。

お約束の前書きです。メーカーはGFXとマウントアダプター併用の際、35mmクロップモードでの使用を推奨しています。

フルイメージサークルでの使用はメーカー推奨外の使用方法となりますのでご留意下さい。では検証してみましょう!

まず一本目はFLUORITE SUPER APO APORIS M135mm F2.4 距離計非連動タイプ。無限遠側・開放撮影。

名前の通り距離計非連動。ミラーレス機ならそのままお使いいただけますが、ライカMデジタルの場合はライブビューでの使用が

必須となります。望遠レンズなのでケラレは少ないかと思いましたが、やや大きめです。

そして名前の通り、アポクロマート設計となっており性能も高い1本。

近接側・開放撮影。やはりケラレは大きいです。

こちらも近接側・開放撮影です。

このレンズ、COMA最適化というコマ収差を補正する機構を備えており、距離に応じて合わせ性能の最大化するというものです。

実は2枚目はCOMAを1.5に設定したもの。僅かに画質が向上しています。しかしケラレの変化はありませんでした。

描写も柔らか過ぎず硬すぎず、絶妙なバランスです。色彩表現も美しく興味のある方は店頭でもお試しいただけます。

続いてはパンケーキのように薄い鏡胴のHISTRIO-PROT M40mm F6.3 MC。

無限遠側・開放撮影。結果はかなり良く見えます。若干のケラレや周辺光量落ちが見られますが、かなりカバーしています。

続いて近接側・開放撮影。かなり良い結果です。

このレンズの最短撮影距離は0.6m(距離計連動範囲は1m~∞)
実は表記されているのは0.6mまでですが、可動域に遊びがあり最近接距離での撮影です。

思ったよりも寄れます。周辺減光に関しては0.6mとあまり変わりません。

もう一つ特筆すべきは組み合わせた時のサイズ感。非常にコンパクトでGFX50Rと組み合わせると軽快に持ち運べます。

開放値6.3という明るさをどう捉えるかにもよりますが、GFXの高感度耐性であれば実用も可能なはず。

最後はこちらVario-Petz M57mm F2 MC。無限遠側・開放撮影。

こちらも良好な結果に見えます。

近接側・開放撮影。このレンズの最短撮影距離は0.8m(距離計連動範囲は1m~∞)

ケラレも改善され、非常に良好な結果。このレンズ、後玉側にあるカニ目リングを回して収差を変える事が可能。

ソフトフォーカスのような描写にもできます。今回は無調整で撮影してみました。とても素直な描写です。

 

今回はMS Opticsのレンズを幾つか取り上げてみました。結果も良く、「面白いレンズが欲しい!」という方には

興味深いのではないでしょうか。次回も面白いレンズを取り上げられればと思います!お楽しみに!

[ Category:etc. FUJIFILM | 掲載日時:20年08月07日 19時54分 ]
1+

RECOMMEND

PAGE TOP