StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】Climb Mt.Fujifilm Day.1

2月下旬に発売が発表されたFUJIFILM (フジフイルム) GFX 100S
驚くような小型化により、より多くのユーザーが求めやすくなった1億2百万画素ラージフォーマットセンサーカメラです。
公開された動画内の、片手でこのスペックを持ち歩いていた姿には年甲斐もなくワクワクしてしまいました。

そして3月に発売予定されている『X-T4』と同等のセンサーを積んだXFシリーズ『FUJIFILM X-E4』
重量がなんと約84g、同時発売の交換レンズ『FUJIFILM フジノン XF27mm F2.8 R WR』
35mm判換算:107mm-457mm相当をカバーする『FUJIFILM フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR』
と魅力的な新製品が続々発売されます。
(どちらの機種もマップカメラによる体験レポートが書かれていますのでこちらをぜひご覧ください。)
【FUJIFILM】XF/GFX New LineUp 先行展示 体験レポート

GFXシリーズのラージセンサーの画の立体感を筆頭にXFシリーズも含めフィルムシミュレーションの色に魅了されてしまった筆者。
『GFX100S/X-E4』発売までの間、富士(フイルム)の山を登りながら感じた魅力をお伝え出来ればなと思います。
というわけで登山1日目はフィルムシミュレーション「PROVIA」のご紹介です。

※フジフイルムの純正現像ソフトではなくadobe Lightroom を通しての現像となります。

「PROVIA」(プロビア)はジャンルとしてはスタンダードに分類され、幅広い用途に使うことの出来る最も汎用的なフィルムです。
標準的。といえどしっかり彩度もあり、だからといって濃すぎると感じることもない。健康的な発色といった感じでしょうか。
どれに充てるにも理想的な色味で、実際迷ってしまった時などは「PROVIA」にすればまず間違いありません。

今回ご紹介した写真は全て「FUJIFILM GFX 100」で撮影した写真ですが
解像感、立体感、ボケ。どれもこれも本当に素晴らしい描写でうっとりしてしまいます。
同時に発売予定のFUJIFILM (フジフイルム) フジノン GF80mm F1.7 R WR
実写サンプルを眺めてため息を漏らす写り。実に楽しみです。

頂きに到達する。ということも恐れ多すぎて言えませんし、途中で散策もして、なんなら下山することもあるかもしれません。
ただどの過程でもフジフイルムの魅力を一つでもお伝え出来ればと思いますので、おヒマがある時にお読みいただければと思います。

最後に1枚の写真をフィルムシミュレーションで分割した写真をどうぞ。
この形式ではグラデーションの掛かり方などしっかり見ることは出来ないので
一つの参考例というよりこんなにも多彩に色が変わるのか、というのを見ていただければと思います。

やはりというかクラシックネガは異彩を放っております。
というわけで1日目、簡単ではございますがフィルムシミュレーション「PROVIA」を
GFX100の写真でご紹介させていただきました。それではまたお会いしましょう。



[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:21年02月02日 19時18分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP