StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】Climb Mt.Fujifilm Day.3

2月下旬に発売が発表されたFUJIFILM (フジフイルム) GFX 100S
驚くような小型化により、より多くのユーザーが求めやすくなった1億2百万画素ラージフォーマットセンサーカメラです。
公開された動画内の、片手でこのスペックを持ち歩いて姿には年甲斐もなくワクワクしてしまいました。

そして3月に発売予定されている『X-T4』と同等のセンサーを積んだXFシリーズ『FUJIFILM X-E4』
重量がなんと約84g、同時発売の交換レンズ『FUJIFILM フジノン XF27mm F2.8 R WR』
35mm判換算:107mm-457mm相当をカバーする『FUJIFILM フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR』
と魅力的な新製品が続々発売されます。
(どちらの機種もマップカメラによる体験レポートが書かれていますのでこちらをぜひご覧ください。)
【FUJIFILM】XF/GFX New LineUp 先行展示 体験レポート

GFXシリーズのラージセンサーの画の立体感を筆頭にXFシリーズも含めフィルムシミュレーションの色に魅了されてしまった筆者。
『GFX100S/X-E4』発売までの間、富士(フイルム)の山を登りながら感じた魅力をお伝え出来ればなと思います。
というわけで本日、登山3日目はフィルムシミレーション「ASTIA」のご紹介です。

今回は『X-S10』で撮った写真でご紹介させていただきます。このカメラも本当に良いカメラです。
※フジフイルムの純正現像ソフトではなくadobe Lightroom を通しての現像となります。

さて今回のフィルムもリバーサルフィルムの「ASTIA」。残念ながらフィルムは既に廃盤となってしまった銘柄です。
フィルム期には主にポートレート用フィルムとして「極の肌色再現を求めた世界最高レベルの超微粒子フイルム」を自負していました。
ジャンルとしては「ASTIA」/ソフトとなっています。ただ比較してみれば分かるのですが肌色の自然な階調と発色はまさにという感じですが
全てにおいて軟調である、というわけではないのがこの「ASTIA」。特定の色以外ではコントラストも強めに出たりします。

前回の【FUJIFILM】Climb Mt.Fujifilm Day.2 では青をメインの写真は「ASTIA」を選ぶ。と言いましたが
筆者はこの「ASTIA」の青の発色が大好きです。「Velvia」のややマゼンタを足した色もたまに使いたくなりますが
スコーンと抜けた空の表情を出すには「ASTIA」が一番です。肌色の再現はもちろん緑も活き活きとした発色です。
一度当ててみて気に入ればそのまま「ASTIA」少し気になるようであればやっぱり「PROVIA」といった流れが多いです。

こうして比較してみるとグレーカラーに青がノッています。赤色は好みが分かれるかもしれません。
青の発色に関しては一目瞭然といったところです。「PROVIA」の青もたまにこの色でいきたくなります。

かなり分かりにくくて申し訳ないのですが、「PROVIA」「ASTIA」の緑やスキンカラーの違いです。
とても変わる、という訳ではないのですが、わずかに「ASTIA」のほうが黄色味が増しています。

(あえてどちらかは言わずに)こうして全体的に見ると結構違いがあって、個人的には「ASTIA」がほんの少しですがコントラストが高まる印象があります。
ちょっと強いな、と思ったとき「PROVIA」にすることで丁度いい塩梅になるので、やはりその汎用性の高さは素晴らしいです。

このフィルム一覧を作り始めてみたら面白くて続けているのですが、そろそろ空の色ではなく違う素材でもやってみたいと思います。

シチュエーションによっては「ASTIA」にしたほうが画がパッと明るくなったり、人物撮影においてこの活き活きとしたカラーはよくハマると思います。ぜひピッタリ合う写真に使ってみていただきたいフィルムでした。

他社の「ナチュラル」というのはどのフィルムになるかなぁと考えてみると「PRO Neg.Std」が色んなものが抑えられていて丁度いいかな、と思います。「PRO Neg.Hi」は最近になって筆者も使うことが増えてきました。色は抑えつつメリハリのある画がベースに欲しい時に重宝します。というわけで次回は「PRO Neg.Std」「PRO Neg.Hi」を見てみたいと思います。

タイトルに山を登るという紛らわしいタイトルをつけて全く山に登らないブログ。本日で3日目。ご覧いただき、ありがとうございました。それではまた。



[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:21年02月08日 13時09分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

指定の中古商品にお買い替えなら買取見積額最大15%UP 中古HalloweenSALE

RECOMMEND

PAGE TOP