StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】Climb Mt.Fujifilm Day.5

【FUJIFILM】Climb Mt.Fujifilm Day.5

2月下旬に発売が発表されたFUJIFILM (フジフイルム) GFX 100S
驚くような小型化により、より多くのユーザーが求めやすくなった1億2百万画素ラージフォーマットセンサーカメラです。
公開された動画内の、片手でこのスペックを持ち歩いていた姿には年甲斐もなくワクワクしてしまいました。

そして3月に発売予定されている『X-T4』と同等のセンサーを積んだXFシリーズ『FUJIFILM X-E4』
重量がなんと約84g、同時発売の交換レンズ『FUJIFILM フジノン XF27mm F2.8 R WR』
35mm判換算:107mm-457mm相当をカバーする『FUJIFILM フジノン XF70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR』
と魅力的な新製品が続々発売されます。
(どちらの機種もマップカメラによる体験レポートが書かれていますのでこちらをぜひご覧ください。)
【FUJIFILM】XF/GFX New LineUp 先行展示 体験レポート

ラージセンサーを搭載したGFXシリーズ。この画の立体感や優れた色再現を誇るフィルムシミュレーションに筆者は魅了されてしまいました。
『GFX100S/X-E4』発売までの間、富士(フイルム)の山を登りながら感じた魅力をお伝え出来ればなと思います。
というわけで本日、登山5日目はフィルムシミレーション「CLASSIC CHROME」のご紹介です。

※フジフイルムの純正現像ソフトではなくAdobe Lightroom Classic を通しての現像となります。

さて今回のフィルムは「CLASSIC CHROME」のフィルムシミュレーションです。
今までのフィルムシミュレーションは実在するフィルムをベースに作られていたものですが
この「CLASSIC CHROME」にはそのベースというものがありません。

「濁った雰囲気が欲しい」というユーザーの声から
グラフジャーナリズム全盛期の雑誌や、ドキュメントタッチの写真集に“印刷されたイメージ”を徹底的に見つめることから画質を設計されたものです。
写真をデジタルで見ることが多くなった現代に合わせ、jpegの時点で既に印刷物のイメージになるよう仕上げているということです。

完成物をイメージしているというだけあって階調は硬めです。筆者個人としてはブラウン系統の発色が好みですが、特徴が最も分かりやすいのは青空です。
こうして比較してみるとかなり違うのが分かります。
鮮やかにするために青にマゼンタを混ぜるのが基本ですが、敢えて加えずに差別化しているということです。
勿論他の色も調整しているので「CLASSIC CHROME」にするとその変化に驚く方もいらっしゃると思います。
ただその「違い」こそこのフィルムの狙いで、「単なる事実を写した画像ではなく、撮影者の視座や思いが込められた写真へ。」という想いが込められています。
「CHROME」とはクローム合金、クロムメッキの意味があるのですが、個人的にはコントラストが硬めなことが影響しているのか金属質なものにも相性が良い気がします。

「PRO Neg. Hi」と「CLASSIC CHROME」の硬さは似ていると思うのですが、彩度はさらに控えめに「渋い」色をしています。
歩道橋の緑の発色や看板にあるミカンの色など特徴が出ていて面白いですね。

この色の違いはおそらく好みによると思いますが筆者としては「PROVIA」は最も健康的、模範的な色で「CLASSIC CHROME」が一番色っぽく見えます。
勿論他の2つの「Classic Neg.」「Bleach Bypass」も魅力的な色です。その時の気分によって選択が変わってしまいそうです笑

今回は違いがそのままだと分かりにくかったので「PROVIA」で現像したものと並べてみました。

「CLASSIC CHROME」はドキュメンタリーフォトなどにも使える仕上がりで
癖がありつつも癖に寄りすぎない絶妙なフィルムシミュレーションだと思っています。

さて、というわけで次回はつい「クセがすごい」と言ってしまいたくなるフィルムシミュレーション「Classic Neg.」
筆者もプライベートで愛用、3本目のネガ系のフィルムシミュレーションです。

「PRO Neg.」シリーズがライティングで作り込むことを想定した上でのネガ系フィルムなのに対し
この「Classic Neg.」は「SUPERIA」というフィルムをベースに、ライティングが十分でない環境でもしっかりと画作りが出来上がるように硬調な階調設計がされています。
「クセがすごい」といいつつ、ネガフィルムで撮っていたユーザーにとってはたまらない色再現だと思います。
そして面白いのが写真を撮らない知人にとってもこの色味はとても「っぽい」と好まれるのです。
多くの「写真を見る」方にとても刺さった「Classic Neg.」。これもまたご紹介するのが楽しみです。

タイトルに山を登るという紛らわしいタイトルをつけて全く山に登らないブログ。本日で5日目。
ご覧いただき、ありがとうございました。それではまた。



[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:21年02月15日 18時36分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

指定の中古商品にお買い替えなら買取見積額最大15%UP 中古HalloweenSALE

RECOMMEND

PAGE TOP