StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】instax mini 12を徹底解説!

【FUJIFILM】instax mini 12を徹底解説!

2023年3月16日に発売したFUJIFILM instax mini 12。

「たのしいがみるみるふくらむ」というコンセプトを風船が膨らんだようなデザインのボディが表現しています。

カラーバリエーションはクレイホワイト、ライラックパープル、パステルブルー、ブロッサムピンク、ミントグリーンの5色。柔らかいパステルカラーの展開になっております。同時に発売された専用ケースとアルバムも同じく5色展開となっております。

今回ご紹介するボディカラーはミントグリーン。さわやかで綺麗なカラーです。


本体右上にinstax mini 12のロゴが描かれていたり、レンズ周辺にはボディと同じ色の凸文字があしらわれていたりディテールまでこだわったデザインとなっています。

フィルムが出てくる部分にも「FUJIFILM」の凸文字が施されています。ぱっと見ではわからないデザインが可愛らしいです。

残りのフィルム枚数はボディ裏面から確認ができます。
撮影シーンに合わせて自動でシャッタースピードやフラッシュを調整する自動露光機能など、基本的な機能は先代のinstax mini 11を踏襲しています。

先代のinstax mini 11の時はレンズの先端を引き出すことでセルフィーモードに設定する方法でしたが、instax mini 12はレンズを回すことでクローズアップモードに設定する方法に切り替わっています。
クローズアップモードは、30cm~50cmの接写に適切なモードです。
また、エントリー機として初めてパララックス補正を搭載しており、接写でもファインダーで捉えた中心をずらさずにお楽しみいただけます。
シャッターを押してからフィルムが出力される時間も短縮されていて、約5秒という短い時間で出力が可能です。
※instax mini 11は約6秒の出力時間


今回の撮影ではノーマルのフィルムの他に「HEART SKETCH」というフィルムも使用しました。
色々なハートが枠にデザインされていて次にどんなフィルムが出てくるのかワクワクするフィルムです。
他にも、instax mini用のフィルムにはバリエーションが沢山あるので、シーンによって違うフィルムを使用するのも一つの楽しみになります。
是非お気に入りのチェキのボディカラーや、フィルムを見つけてみてください!

 



[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:23年03月31日 13時30分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

先取/下取15%UP 新品アウトレット

RECOMMEND

PAGE TOP