StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】X-Pro3は本当に魅力的なカメラ。

【FUJIFILM】X-Pro3は本当に魅力的なカメラ。

これは新しい生活様式になる前の写真。
仕事上、様々な機材に触れる機会があるのですが、「これは良かった」といつまでも覚えているカメラやレンズがあります。

その中の一つ
今回ご紹介する『FUJIFILM X-Pro3』は本当に欲しいと思った一台です。

カメラで最も重要なことは「自分が撮りたい写真が撮れるかどうか」ではないかと思います。

はっきり言うとこの『X-Pro3』は何でもできるカメラではありません。
例えば超望遠ズームを付けて動体を追うとか、背面液晶を見ながら動画を撮るとか、やって出来ないことはないですが、それなら『X-T4』の方が向いています。

では『X-Pro3』はどのような撮影に向いているのかというと、ストリートスナップであったり、ドキュメンタリーであったり、相手にカメラを意識させないようなシチュエーションに向いているカメラではないかと思うのです。

一度このカメラを触ったことのある方はご存知だと思いますが、背面液晶が内側に畳まれており、手で開かないと液晶が見えない仕様になっています。それは、撮影中は液晶(撮り終えた画像)を見ないで目に前の事に集中し、シャッターチャンスを逃さないで欲しい。という開発側の想いを具現化させたもの。

これほど尖ったコンセプトを貫き通して製品化させたデジタルカメラは他にライカM(M-D、M10-D)くらいなのではないでしょうか。
その硬派さにシンパシーを感じるのであれば、他と比べ様がないほど魅力的に感じるはずです。

趣味の道具は便利すぎるとつまらなく感じてしまうものだと思っています。ちょっと手間がかかるくらいが面白い。

例えばライトウェイトスポーツカーに乗るならMTで運転したいし、バイクツーリングに行くならスクーターじゃなくてギア車に乗りたい。
それは純粋に速さや性能ではなくて、楽しいとか、満足できるかという事です。

スナップは右脳と左脳のスロットルを使い分けながら瞬発力で撮るもの。
そのためには余計な情報が少なく、操作系がシンプルで自分の感覚とシンクロできるカメラが最高だと思うのです。

フジフイルムの画質やフィルムシミュレーションは他でも散々語られているので、ここでは割愛させてもらいます。
まあ、一言で画質を説明するなら「最高」です。

そして道具としてカッコイイか否か。
自分がカッコイイと思えるカメラでなければ、カッコイイ写真なんて撮れないと思っています。

この『X-Pro3』で言えば、レンジファインダー使いの憧れ「ブラックペイント」に加え、外装にチタン合金を採用した「DRブラック」と「DRシルバー」をラインアップしているのも嬉しい悩み。
特に「DRブラック」は指紋を擦って馴染ませると、色がマットなガンメタリック風になり、ミリタリーギアの様な格好良さになります。

これは私の考えなのですが、カメラはデジタルになっても決して「家電」ではないと思っています。
どちらかというと、絵を描く筆や絵の具であったり、料理を作るための包丁であったり、自分の体の一部となって自己表現をする大切な道具。

ぜひご自身とフィーリングの合う良きカメラと出会いますように。

  

▼ 今回使用したX-Pro3のKasyapaはこちらから。 ▼
使い手をワクワクさせるプロダクトを作るメーカーは素晴らしいです。

553:『FUJIFILM X-Pro3』

 


 

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:21年12月11日 10時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Return of summer ポイント5倍

RECOMMEND

PAGE TOP