StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】X-T30IIが最高にちょうど良い。

【FUJIFILM】X-T30IIが最高にちょうど良い。

Xシリーズは各機種が同じセンサーを積み、機種を変えても同じ写真が撮れるカメラ。

センサー性能のヒエラルキーでカメラを作るのではなく、使用者の撮影スタイルに合わせ横展開でカメラを作る。
なんというか、そういう物作りをするフジフイルムは凄いなと思います。独自開発されたセンサーに絶対的な自信が無いと出来ない事でしょう。

自動車メーカーで例えると「SUBARU」みたいだなと勝手に思っています。
同系列の水平対向エンジン、独自のAWDシステム、安全装備のアイサイトをすべての車種に搭載していくという。

どちらのメーカーも大好きですが、今回はカメラの話。

『X-T30II』が凄くちょうど良いということをお話ししたいなと。
第4世代のX-Trans CMOS 4を搭載する最終型と言うべき傑作機なのです。

【その1】 撮れる写真が凄い

この小さなボディでなんと『X-Pro3』や『X-T4』と同じ画質の写真が撮れてしまう。
裏面照射型の2610万画素イメージセンサーは独自のカラーフィルター配列によりローパスレス仕様でモアレの心配なし。なんと3600万画素クラスの写真が撮れてしまうのです。
しかも大人気のフィルムシミュレーション「クラシックネガ」も搭載。至れり尽くせりです。

【その2】 カメラのサイズ感が最高

小さいです。軽いです。軽快です。
それでいてフルサイズに負けない高画質。素晴らしい。
いつでも持ち歩いてスナップできます。

【その3】 お財布に優しい

新品で10万円前後の価格帯。
決して安くはありませんが、搭載するセンサーや静止画・動画の撮影性能を考えるとコストパフォーマンスが高い!
Xシリーズに興味がある方の最初の一台としてもオススメです。

ボディ内手ブレ補正はありませんが、軽さとソフトなシャッターレリーズも相まって余程な低速シャッターで無い限り、手ブレ写真を量産することはないと思います。

片手に収まる高性能と写真画質。
Xシリーズの素晴らしさをギュッと小さくまとめた『FUJIFILM X-T30II』はすべてのカメラ好きに使っていただきたい一台です。

 


 

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:22年01月28日 17時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Jaccs限定60回まで金利0% 商品おすすめコンテンツがLINEで受け取れます

RECOMMEND

PAGE TOP