【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。

5軸手ブレ補正 最大6.5段

『X-Tシリーズ』として初めて、ボディ内手ブレ補正機能を搭載。『FUJIFILM X-H1』と比べ、8倍のブレ検出精度を持つジャイロセンサーと、シャッター時の微振動を効果的に抑制する衝撃吸収機構などを新たに採用することで、5軸・最大6.5段の手ブレ補正効果を発揮します。

機械シャッター時:15コマ/秒

電子シャッター時:30コマ/秒

新開発のフォーカルプレーンシャッターを採用。高性能なモーターによりシャッターを駆動させることで、15コマ/秒の高速連写を実現するとともに、レリーズタイムラグを約0.035秒に抑え、高い応答性を発揮します。また、シャッターの耐久性を『X-T3』の2倍に向上させつつ、シャッター音の静音化も実現。また、電子シャッター設定時では、30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能です。

背面液晶はバリアングルに変更

今までチルト式だった背面液晶は、自由度の高いバリアングル式に変更されました。スチル撮影時はもちろん、動画撮影時にも嬉しい変更点です。また、画面を内側にしたまま収納することも可能なので、傷付き防止だけでなく、見た目も撮影スタイルもフィルムカメラのように使用することが可能です。

新バッテリー「NP-W235」を採用

新開発の大容量バッテリー「NP-W235」を採用。ノーマルモードで約500枚、エコノミーモードで約600枚の連続撮影が可能です。また、「NP-W235」を2つ装填できる縦位置バッテリーグリップ「VG-XT4」との組み合わせでは、最大約1700枚の連続撮影を行うことができます。

「ETERNAブリーチバイパス」

フィルムシミュレーションに、「ETERNAブリーチバイパス」モードを新たに搭載。本モードは、写真フィルムの現像方法のひとつである「銀残し」を施したような表現を可能とし、低彩度・高コントラストで重厚感のある写真・映像を撮影できます。また、オートホワイトバランス機能に、白熱電球下などでも自然な白色を再現できる「ホワイト優先」モードと、温かみのある色合いを実現する「雰囲気優先」モードを新たに加えました。

充実の動画撮影機能を搭載

4K/60P 4:2:0 10bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、より多くの色情報を記録できる4K/60P 4:2:2 10bitに対応します。また、フルHD・240Pのハイスピード動画撮影が可能。素早く動く被写体の一瞬のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生することができます。

見た目以上に大幅な進化を果たした『X-T4』

最新の手ブレ補正と大容量バッテリーだけでも大きな魅力ですが、そこへ高速連写性能、瞳AF対応の高速AF、新フィルムシミュレーションに本格的な動画撮影機能を搭載した『X-T4』。フラッグシップ機らしい高性能な機種へ進化しました。

ご予約開始は2020年2月28日(金)10:00、発売は2020年4月を予定しております。

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:20年02月26日 18時40分 ]
2+

NEW POST

MORE
PAGE TOP