StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】X-T5とともに冬のシドニーを歩く

【FUJIFILM】X-T5とともに冬のシドニーを歩く

久々にパスポートを片手に旅をしました。
このところパスポートを使った旅行は行きたくても行けない状況が長く続いていたため、パスポートの有効期限もそれとともに随分と短くなってしまったとつくづく実感しました。
久しぶりに異国の地に出向くわけなので、今回の旅は自身への挑戦を兼ねて初の一人旅を決行することにしました。

旅の目的地はオーストラリアの首都シドニー。
飛行機で片道9時間半といった長旅です。
シドニーは南半球に位置するため、日本とは季節が逆の冬を迎えていました。
とはいえ、日本のような厳しい寒さとは異なり、最低気温は10℃を少し下回ったぐらいで、最高気温は17〜18℃ほどもあるので過ごしやすかったです。

今回の旅に持って行ったカメラは、FUJIFILMのX-T5とXF18-55mm F2.8-4 R LM OIS、XF35mm F1.4 Rになります。
新世代の画像素子と処理エンジンを搭載し、約4020万画素の高画素を実現したX-T5とワイド端側で開放F値2.8という標準ズームレンズ、神レンズと称されるほど人気で使いやすい単焦点レンズの組み合わせで冬を迎えたシドニーの街を散策してきましたので、その様子をご覧ください。

それでは今回も最後までお付き合いいただけると幸いです。

今回使用した機材
FUJIFILM (フジフイルム) X-T5 ボディ ブラック
FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM (フジフイルム) フジノン XF35mm F1.4 R

 


 

F3.2 , 1/38sec , ISO320 , PROVIA

夜に日本を飛び立ち、早朝にキングストン国際空港に降り立ちました。
到着してカフェで軽く食事を取った後、アーリーチェックインが可能なホテルを予約していたため、ホテルの最寄り駅であるセントラル駅に向かいました。
駅に到着すると近代的な内観のセントラル駅が姿を現しました。
直線と曲線を上手く融合させ、照明の陰影により強調されたパースによりエスカレーターの存在感が強調されていました。

 

F5.6 , 1/500sec , ISO125 , ASTIA

ホテルでシャワーを浴び、長時間のフライトで疲れた身体を休めた後、シドニーの街中へと繰り出しました。
ポート・ジャクソン湾にあるシドニーでも最も有名な観光地に向かう道すがら、その対岸に寄り道して二大建築を一緒に写真に収めてみました。
早朝の時間帯ということもあり、上空には雲がかかり朝靄も発生していたため、きれいな全景を収めることはできませんでしたが、これも旅のご愛嬌といったところでしょうか。
しかしこれはこれで、写真を見返すたびに当時の状況が思い起こされ、旅行写真としてはいい思い出になる1枚となりました。

 

F5.6 , 1/80sec , ISO160 , Classic Chrome

対岸には緑豊かな公園が広がっており、そこでは人々がウォーキングやランニングなど思い思いの時間を過ごしていました。
また、この写真のようにまるで絵画にでも描かれそうな幻想的な風景が見られる場所もあり、日常の中に溶け込んでいる幸せの時間を見つける事ができました。

 

F2.8 , 1/950sec , ISO125 , ASTIA

それではサーキュラー・キー地区へと足を進めていきたいと思います。
歩いていると案内標識が目にとまりました。
一見すると何気ない標識ですが、配色にターコイズブルーが使われ、オーストラリアの青空に映えていました。
また、ユニバーサルデザインやシンプルなイラストを用いて、誰にでも分かりやすくまとめられているところは日本も多く学ぶ点があるように感じました。

 

F2.8 , 1/1400sec , ISO125 , ASTIA

シドニー湾への玄関口となっているサーキュラー・キーへとやってきました。
この地区には世界遺産になっているオペラハウスやシドニーの街の象徴になっているハーバーブリッジ などがあります。
シドニーの街はここを起点として形成されていき、オーストラリアの歴史を語る上では欠かすことのできない重要な場所です
現代では超高層のビルが建ち並び、近代的な建築と移民当初のヴィクトリア様式の建築が融合した地域となっています。
またこの地区には、古くから路面電車の拠点が置かれていたこともあり、現在ではシドニーの足となっている鉄道やバス、フェリーの結節点として、交通の要衝ともなっています。

 

F3.2 , 1/2700sec , ISO125 , Classic Chrome

朝の出勤風景。
ようやくシドニーの街も少しづつ動き始めたようです。
ハーバーブリッジとそこで生活する人々を階調豊かなコントラストで写し出すことができました。

 

F2.8 , 1/950sec , ISO125 , PRO Neg.Std

この時間になると朝霧もすっかりなくなり、きれいな青空が広がってきました。
シドニーの超高層ビル群から見上げる空は、狭く角張っており、現代アートを鑑賞しているかのような気分になります。

 

・・・

F6.4 , 1/1250sec , ISO125 , ASTIA

シドニー中心部からバスに乗り込み今回の旅で一番行きたかった場所へとやってきました。
美しい弧を描いた海岸線と青く透き通った海が特徴的なボンダイビーチです。
この日は最高気温が25℃まで上昇したこともあり、サーファー以外にも遊泳などを楽しむ人も多く見受けられました。

 

F5.0 , 1/1600sec , ISO125 , ASTIA

ここは世界有数のサーフポイントであり、年間を通して良質な波が訪れます。
ビーチブレイクの波が楽しめるボンダイビーチは初心者からでもサーフィンを楽しめるため、多くの子どもたちがサーフィンを満喫していたのがとても印象的でした。
自然の恩恵を受けながら楽しむ人々の光景とその背後の丘に建つ住宅で暮らす人々との対比が、なんとも形容し難い景観を生んでいます。

 

F5.6 , 1/640sec , ISO125 , ASTIA

ボンダイビーチから少し南下したところにタマラマビーチがあります。
ここは切り立った岩場や海岸線の形状から、ボンダイビーチよりうねりが強く高さのある強い波が押し寄せるため、プロや経験値のあるサーファーに人気があるポイントです。
日本でもこれまでに色々な波を見てきましたが、ここまで高くて勢いのある波を見たことがなったので、世界有数のサーフポイントを訪れたのだという実感が今でも鮮明に蘇ってきます。

 

・・・

F5.0 , 1/80sec , ISO640 , PRO Neg.Hi

海に入るわけでもなくビーチを後にし、シドニーの中心部へと帰ってきました。
時刻は夕刻を迎え、少しづつ肌寒くなってきました。
シドニー庁舎や有名なクイーンビクトリアビルディングなどが建ち並ぶタウンホール駅の近くで撮った1枚です。
多くの人々が行き交う雑踏の中、一人の女性が振り返り、その場に立ちすくんでいた姿がとても印象的でした。
旅先でストリートスナップを撮る利点は、旅先で感じた街の記憶を視覚的に残しておけることにほかなりません。
数年経ってから写真を見返した際に、その街の風土やそこに生きづく人々の人間模様などを感じられるストリートスナップは旅写真の醍醐味です。

 

F1.4 , 1/38sec , ISO3200 , ASTIA

陽も落ち、シドニーの街に明かりが灯りました。
昼間とは違う夜の街並みも見てみたかったので、早朝にも訪れたサーキュラー・キー地区へと再び足を運びました。
早朝の雰囲気とは異なり、ほの暗さも相まってなのか大人の空気感を漂わせた街並みへと姿を変えていました。
日本で生活している私たちにとって他国で見る街の明るさは、この写真からも分かる通り少々薄暗く感じますが、その明るさで十分に生活できるということを海外に行く度に実感させられます。
そうした様々な地域の環境の違いを自らの目で発見し、それをスナップする楽しさは海外旅行の魅力の一つです。

 

F1.4 , 1/40sec , ISO3200 , Nostalgic Neg.

路面電車に乗ってシドニーの繁華街にあたるウィンヤード駅に向いました。
電車を降りるとすぐ目の前にパブがあり、10℃前後の寒さにも関わらずテラス席で美酒を堪能している光景が広がっていました。
英国領であるオーストラリアではパブ文化も色濃く残っているため、街中には多くのパブがあります。
日本の居酒屋とはスタイルが異なり、パブでは食事のメニューはあまり提供されていないため、先に食事を済ませパブへと入りました。
そこでは仕事を終えた人々が次々に訪れ、仲間と素敵な時間を共有している姿が印象的でした。
また、イギリスを訪れた際にもパブへ行きましたが、オーストラリアのパブとでは大きく異なっている点がありました。
それはテレビがあまり設置されていないことでした。
イギリスではテレビでサッカー中継を見ながら一喜一憂して飲むのが一般的でしたが、オーストラリアではどちらかというと会話をしながらゆっくりと時間を楽しむ姿が多く見られました。

 

F1.4 , 1/52sec , ISO2500 , Nostalgic Neg.

パブをあとにし、ほろ酔いになりながらも撮影は続きます。
人々が帰宅し始めた時間帯になり、ぶらぶらと街を彷徨っていた時にふと目に留まったのが歩行者用信号機のボタンです。
各国で色々な形式の信号ボタンを目にしますが、こうした違いもまた面白く、ついつい写真に収めてしまいます。
ボタンを押す時間帯の注意書きが書かれているであろうシールが半分剥がれているところにストリートスナップの面白みが垣間見れます。

 

F1.4 , 1/52sec , ISO1250 , ASTIA

最後に世界遺産に登録させているオペラハウスの全景…ではなく。
特徴的な屋根を写した一枚になります。
闇に浮かぶオペラハウスの全景もとても幻想的でしたが、船の帆が重なったようなとも貝殻のようなとも言われる屋根の立体感に目を奪われました。
日中にも訪れましたが、ライトアップされ陰影がついた屋根はさらにダイナミックさを増し現代建築にも関わらず歴史のある教会や寺院を彷彿とさせる重厚さを感じました。

こういった明暗差があるような被写体を撮る場合には、スマートフォンで写すとダイナミックレンジが狭く、ノイズも出やすくなってしまいますが、大きなセンサーを搭載したカメラではシャドウ部からハイライト部まで諧調豊かに描写することができ、かつノイズの発生も抑えることができます。
確かに今のスマートフォンは、AI技術を活用したコンピュテーショナルフォトグラフィーの進化によって凄まじい進歩を遂げているのも事実です。
しかし、望遠域の表現力やボケ表現などに関してはまだ不自然な表現が見られ、デジタル処理した写真表現と光学的な技術を使ってその場の空気を写した写真表現との差が顕著に表れているため、ここにカメラの優位性があると思います。
また旅行に大きなカメラを持ち出すことに抵抗がある方も多いとは思います。
スマートフォンのように指一つでパシャパシャと撮れるのも気軽に「記録」に残せますが、撮るための道具としてカメラを持ち出すことで旅を「記憶」として残すことができます。

旅の相棒として持ち出したX-T5(557g)、XF18-55mm(310g)、XF35mm F1.4 R(187g)は小型軽量のため、旅の中でも取り回しは大変良く、一日中肩に背負っても疲れることなく観光地をめぐることができました。
それに加え、X-T5は有効画素数が約4020万画素の高画素となっているため、旅行で撮る機会が多い風景撮影に向いているカメラに仕上がっています。
そのほかにも、X-T5には1.4xと2.0xのデジタルテレコンバーターが搭載されているため、いざという時には望遠域を伸ばして撮影することも可能になり旅行などでレンズを最小限にしたい時には大変重宝する機能です
実際にこの旅の中でも多用しており、XF18-55mmのレンズであれば、テレ端を1.4x時に77mm(換算118mm相当)、2.0x時に110mm(換算170mm相当)まで撮影距離を伸ばすことができます。
新世代の画像素子と処理エンジンを搭載したX-T5の実力に今後ますます期待が高まります。

さて、今回のシドニーの旅では初めて海外を一人で巡ってきましたが、予想していた以上に楽しむことができました。
これも旅の相棒としてX-T5という頼もしいカメラの存在があったおかげかもしれません。
皆様、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
この記事が皆様の好奇心を刺激し、そしてご購入のきっかけの一助となればと思います。
それではまたお会いしましょう。

 


ー 編集後記 ー

F5.0 , 1/60sec , ISO800 , PRO Neg. Hi

タウンホール駅周辺を散策していると「Fujifilm House of Photography」と書かれた看板を目にしました。
シドニーに来てまでもサービスストアに入って店内を巡った経験もまた、知らない土地に来たからこそ味わうことのできる一つの楽しみ方ですし、それと同時に世界中の人々にFUJIFILMの製品が受け入れられていることにささやかな喜びを覚えました。

 


▼ 今回使用した機材はこちら ▼

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:23年10月22日 12時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP