StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Go To フォト】α7C・MACRO APO-LANTHARでART AQUARIUMへ

【Go To フォト】α7C・MACRO APO-LANTHARでART AQUARIUMへ

f/2.8 1/80 ISO2000

今回は「SONY α7C」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical」の組み合わせで日本橋にある「ART AQUARIUM」へ行ってきました。

ライトアップされた金魚を見ることができ、たくさんの金魚に囲まれた美術館で「生命」を直に感じることができます。

 

f/2.8 1/80 ISO200

出来るだけ金魚をアップで撮影したいと思ったため、今回マクロレンズを選択しました。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2はMFレンズ。暗所・動き物の撮影の為、このレンズにするか少し迷いました。

ですが、フォクトレンダーのレンズの中でも特に高性能な製品に与えられる称号と称される「APO-LANTHAR 」を使用してみたいという以前からの憧れもあり、今回撮影をしてみました。

難しい環境下で撮れるか不安でしたが、α7Cのピーキング機能を使うことで、問題なく撮影が出来ました。

正直、ピントリングの操作感の慣れが必要なところもあり、苦戦しながら撮影するときもありましたが、納得いくまで何度も撮影できる環境ですので、苦戦している時間も撮影の奥深さを感じました。

 

f/6.3 1/80 ISO8000

ガラス越しですので、絞ってもはっきりとした写りは難しいかと思いましたが、上記の写りは非常に驚き、お気に入りの1枚です。

そして、実はなんとISO8000まであげている写真なのです。本当にノイズが少なく、ほとんど見受けられません。

α7Cの暗所部の強さが伝わる写真かと思います。安心して絞って撮影を行うことができました。

 

f/2 1/160 ISO1250

開放でガラス越しでも、このような優しい美しい写りをしてくれます。さすが「MACRO APO-LANTHAR」。

金魚の口にしっかりと合い、そこから自然にボケながら、滑らかに後方の尻尾を描写し、そのボケ方が非常に綺麗です。

ですので、金魚の全体を見ても違和感なく、自然に写してくれています。

 

f/2.8 1/80 ISO2500

カメラ・写真越しに目があってしまった金魚が愛らしい1枚です。

後ボケの美しさが、幻想的な雰囲気を更に作り出してくれています。

「MACRO APO-LANTHAR」をはじめて使用し、1番個人的に好みなポイントは後ボケの美しさでした。

丸ボケの作り方、極端ではない滑らかで自然なボケ方、他にはない唯一無二の存在です。

 

f/2 1/60 ISO12800

レンズが重たいですが、ボディが小型軽量ですので、肩からぶら下げても疲れない程度の重さでした。

一見外見がアンバランスに見えますが、α7cのグリップのおかげで問題なく撮影できます。

皆さまも幻想的な空間「ART AQUARIUM」で、こちらの組み合わせで撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。



[ Category:SONY | 掲載日時:20年11月26日 15時00分 ]
+3

RECOMMEND

PAGE TOP