StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Go To フォト】α7S・SEL35F28Zと共に川辺へ。

【Go To フォト】α7S・SEL35F28Zと共に川辺へ。

皆様は貴重な休日をどのように過ごすのがお好きでしょうか。

私は根っからのインドア派なので、主に自宅で過ごすことが多いのですが

気分転換のためどこかへ出かけたくなることもあります。

 

そんな時によく向かう先は近所の川辺です。

川の流れる様子をぼんやりと眺めたり、時折聞こえる鳥の声に耳を傾けてみたり。

川辺を散策するときには必ずカメラを片手に歩きます。

 

今回のお供はα7SとSEL35F28Zの超軽量コンビ。

散歩時に持ち歩くカメラは、やはり重さを重要視します。

AF性能を求めすぎなければ初代α7シリーズでも充分通用します。

 

今回の撮影設定は、

縦横比 16:9

クリエイティブスタイル 白黒、コントラスト+3、シャープネス+1

JPEG撮って出しとなっております。

 

焦点距離:35mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/160秒 ISO:50

 

天気は曇り、数時間前まで小雨が降っていました。

曇天時の撮影には白黒を選びたくなります。

雲の濃淡はカラーでの表現も良いのですが、白黒の濃淡で表現するほうが個人的には好きです。

住宅地のすぐ近くを流れる川ですが、水鳥を見かけることが多い場所です。

一匹の鳥が浅瀬をゆっくりと歩いていました。

縦横比を16:9で切り取る事により映画のワンシーンの様な場面になりました。

 

焦点距離:35mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/320秒 ISO:50

 

ふと頭上に気配を感じ、見上げると鳥が電線にとまっていました。

白黒のシルエットになっている様は、あたかも楽譜に音符が一つだけ記されているようにも見えます。

 

焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO:50

 

寒い季節にも花は咲きます。

背景は田んぼですが、白黒だと花の白さが際立ちます。

コンパクトなレンズですが、開放からシャープな描写が楽しめるので、積極的に寄って撮りたくなります。

 

焦点距離:35mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/100秒 ISO:50

 

橋の欄干から水面を眺めていると、遠くからなにか流れてきました。

人工物であることは遠くからでもわかりましたが、近くまで流れてきたものをよくよく見ると、

バケツでした。

くるんくるんと回転しながら流れてくる様子はすこし不思議で、思わずシャッターを切っていました。

 

焦点距離:35mm 絞り:F10 シャッタースピード:1/80秒 ISO:50

 

つらなる鉄塔と伸びる電線が印象的な画になりました。

35mmの準広角ですが16:9の縦横比のおかげでより画面の広がりを感じられます。

 

焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:50

 

α7Sの広ダイナミックレンジはカラー写真のみならず、白黒写真でも諧調表現の豊かさを感じさせてくれました。

初代α7Sは新品の生産を既に終了し、発売日から約6年の期間がたっています。

後継のシリーズも次々と発売される中、今も根強い人気を誇るボディです。

純正レンズのみならず、オールドレンズとの相性もよいので、これからも使い続けていきたいボディであると強く感じました。

 

[ Category:SONY | 掲載日時:20年11月29日 11時30分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP