StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Go To フォト】Nikon Z50でムーミン谷と狭山湖を撮る

【Go To フォト】Nikon Z50でムーミン谷と狭山湖を撮る

埼玉県飯能市にある、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンさんの「ムーミン童話」の世界をモチーフにした「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」を訪れました。

爽やかな空気感が心地よい。 キットレンズは、逆光耐性も良好です。

巨大なキノコのような形のムーミン屋敷です、屋根には本物の草が生えています。 ずんぐりむっくりのこの形、ムーミンの体型に似ています。

「水あび小屋」は、スナフキンが釣り糸を垂れていそうな雰囲気があります。

「見晴らし橋」は、表面の鉄の感じが「天空の城ラピュタ」の飛行戦艦ゴリアテに似ています。

「デッキウォーク」と名付けられた木道があります。

遊歩道はかなりの勾配があります。

イチョウの葉が色づき、ぎんなんの匂いが漂っていました。 青空とのコントラストが美しい。

屋根上の妖精達が陽を浴びて影絵になっています。

子ども劇場は、樹齢100年以上のヒノキの丸太がド-ム状の屋根を支えています。この木造のホールで小規模のコンサートや演劇公演をすることができます。

帰路の途中に狭山湖を訪れました。

まっすぐ伸びた湖畔の堤防、散歩やジョギングをする人々。 キットレンズは広角側が16mm(フルサイズ換算24mm)なので建物や風景の撮影には最適です。

遠くに西武ドーム(メットライフドーム)の屋根が見えます。

「秋の日はつるべ落とし」 食事も摂らず撮影に全集中していると、いつの間にか落日です。

高画質・小型軽量で機動力のあるZ50を撮影のお供にいかがでしょうか。

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年11月13日 11時10分 ]
12+

RECOMMEND

PAGE TOP