StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Konica】 HEXAR RF 1/4000秒、AE、ワインダー搭載レンジファインダーカメラ

Konica (コニカ) HEXAR RF
1992年に発売され好評を得ていた高性能・高画質レンズシャッターカメラ「Konica HEXAR」。
HEXERを「レンズ交換式にして欲しい!」「高速シャッターが使いたい!」
というユーザーからの熱望に応えるべく誕生したのが「Konica HEXAR RF」(1999年)です。
ボディには、堅牢な含銅シルミン系アルミダイキャストを
ボディシェルには、強度、軽さ、耐衝撃性、耐腐食性に優れたチタン材を使用しています。

Konica (コニカ) HEXAR RF
ボディに向かって右上のファインダー窓、その左にファインダー採光窓、機種名を挟んでやや小さめの距離計窓。
ファインダー窓の下に視野枠切替えレバー、レンズマウントとその左にレンズ着脱ボタンが、それぞれ配置されています。
レンズマウントは、「コニカKMマウント」を採用しています。
これはもう、ほぼ「ライカ」ですね~! しかし、ライカを越えた(!?)ところもあるのです。

Konica (コニカ) HEXAR RF

まず、電子制御式縦走行フォーカルプレーンシャッターは、最高速1/4000秒、ストロボ同調速度1/125秒を誇ります。
(M型フィルムライカは 1/1000秒)
ファインダーには、コントラストが高く見やすいブライトフレーム、3組6種類(28/90mm、35/135mm、50/75mm)を内蔵。
もちろんパララックス自動補正付で、視野のズレを修正します。
また、ファインダー倍率を0.6倍に抑え、28mmのフレームも見やすくなっています。

Konica (コニカ) HEXAR RF

TTL実絞り中央重点測光で精度の高い露出決定が可能なことに加え、絞り優先オートを装備しています。
(ライカは、2002年のM7で初めて絞り優先AEを搭載)
また、シャッターボタン半押しで露出を固定する、AEロック(AEL)も用意されています。
そして、このカメラには、フィルム巻上レバーがありません。
電子制御給送システム(オートワインダー)を内蔵し、最高で秒間約2.5コマの連続撮影ができるのです。
(ライカでは外付のワインダー)

Konica (コニカ) M-Hexanon Lens

発売当初用意されたHEXAR RF専用のKonica M-Hexanon レンズは、28mmF2.8、50mmF2、90mmF2.8 の3本でした。
1931年の誕生以来、数々の名レンズを発表してきたコニカ HEXAR、HEXANON レンズの血統を受け継ぎ、
さらに先進の光学技術が投入されています。

Konica (コニカ) ストロボ HX-18W

専用フラッシュ HX-18W は、小型ながらガイドナンバー18(ISO100)。
ワイドアタッチメントを使わずに28mmの広い画角まで対応します。
AE、AELモード時は、自動的にシャッタースピードが1/125秒に設定されます。

コニカ最後のフラグシップカメラとして登場した HEXAR RF。
レンジファインダーカメラの速写性をさらに高める
「自動露出」「自動巻上げ」「1/4000秒高速シャッター」を備えた個性的なこのカメラ、
20世紀末にコニカが残したレガシーと言っても言い過ぎではありません。

ライカは敷居が高いと思っている方にもオススメの1台ですよ!

ご注文お待ちしております!


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年11月06日 20時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP