StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【LAOWA】身の回りの物をクローズアップ!ULTRA MACRO

【LAOWA】身の回りの物をクローズアップ!ULTRA MACRO

今年の四季はなかなか面白いもので、春⇒梅雨⇒酷暑⇒梅雨と巡り、今は梅雨の真っただ中です。

毎日毎日雨が降り続き、最後に晴れ間を見たのがいつだか思い出せない。

これを秋とは呼びたくありません。

閑話休題。

 

さて、外出ができないとなると家の中で写真を撮ることになるのですが、今年はステイホームであらかた撮り尽くしてしまいました。

そこで何か面白いものはないかと考えていると、LAOWA (ラオワ) 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACRO (ニコンF用)が目に留まります。

等倍以上のマクロ撮影は未経験なので、「これは楽しみだ」とワクワクしながら試してみました。

 

早速愛機のD7500にマウントし、ダイヤのネックレスを撮影。実物の大きさは約7㎜程なのですが、5倍で撮ればここまでクローズアップすることができます。肉眼では全く見えないディテールがしっかり見え、解像力も高いレンズなのだと思い知らされました。

 

こちらはサファイアのネックレスです。月を象ったシルバーの部分を磨いていないので、鈍色になってしまいました…。

「成功」「誠実」「慈愛」といった意味を持つこの宝石は、身に着けていると夢をかなえるための力をくれるそうです。

 

ハイライト部のフリンジはかなり抑えられているので、「ライティングしてミニチュア商品撮影をする」にはもってこいのレンズかもしれません。

 

 

今度はプラモデルの表面を拡大してみます。

「青一色」、「銀一色」だと思っていた表面が、「塗料の粒がたくさん乗って色がついている」のだと解りました。

(本レンズでの撮影時はAEがうまく働かず、露出が暗く出る事がまれにあります。もちろんLVでの撮影の為、センサー面で露出を算出していますが、高倍率マクロという特異性によるものかもしれません。露出補正をかけても好みの明るさに出来ない場合、絞り優先モードで露出補正を+3段などにするよりも、マニュアルモードでの撮影をお勧めいたします。)

 

 

100円均一で購入したビン積めカラーストーンを5倍で撮影してみました。

こういった写真を撮るのであれば、POPやホームページのデザイン背景にも使用できそうです。写真の活用幅が広がるレンズかもしれません。

身近なものをどんどんクローズアップしたくなります。

 

 

最後にクイズです。これは何を写したものでしょうか?

 

 

答えは「植物の葉(サギソウ)」です。

葉緑体も見えるかと期待しましたが、流石にそこまでは写りませんでした。

これも何かのデザインに使えそうな写真です。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また面白いレンズがあれば試してみます。

[ Category:etc. Nikon | 掲載日時:20年10月12日 15時00分 ]
4+

RECOMMEND

PAGE TOP