【Leica】何コレっ!? 第10回  『FOKOS / 14011』

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース

思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで古い映画のワンシーンに出てくる消火栓のようなこれは、いったい何でしょう?

ライカのコードネーム「FOKOS / 14011」は、1946から1966年ころまで作られた単体の距離計です。
これより前の縦型の距離計よりも全長が短いため、ショートベースと呼んでいます。

↓ このようにカメラのアクセサリーシューに差し込んで使います。・・・これでも「何コレ!?」ですね!
でも、いかにもクラシックカメラといった佇まいが、何だかカッコイイ~!

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース
↑ ライカIc + エルマー50mmF3.5 + SBOOI 50ミリファインダー + FOKOS/14011

ライカには、このライカIcのようにファインダーも距離計も付いていないカメラが存在します。
レンズとその焦点距離用のファインダーを付けて、目測で距離合わせをして撮影するのですが
より正確なピント合わせをするために用いるのが、単体の距離計なのです。

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース

距離計下部の丸窓を覗き込んで、その上の大きな距離ダイヤルを回します。
すると二重像が上下に動き、ピタリと重なれば、測距完了です。

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース

例えば、距離ダイヤルが上の写真のように3mを指していたとき、

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース

レンズの距離指標を3mに合わせます。
そうしてから、ファインダーを覗き構図を決めて、いよいよシャッターを切るのです。
(ああ、この時、連動距離計内蔵カメラのありがたさを実感するのです!)

あっ!その前に露出を測って、シャッター速度と絞り値の設定が必要ですよね!

Leica (ライカ) 距離計 ショートベース

一連の儀式のような手続きをとってから、やっと撮影できるなんて現在のカメラでは想像できませんね!

しかし、この「FOKOS / 14011」、儀式に相応しい精密さと質量(62.5g)を持った
たいへん魅力的なライカのアクセサリーですよ!

これを使って、たっぷり時間をかけて、じっくり考えて一枚入魂の傑作を撮ってみたいと思うのです!

マップカメラでは中古商品を安心してお求めいただけるように
「マップカメラクオリティー」を掲げています。
価値ある中古商品を安心・安全にお求めいただけます。
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓

〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:15年10月18日 14時45分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP