【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう?
ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。

↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!)

null null null
画像は、クリックすると大きく表示されます。

二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。

偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、
青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠かせないものですよね。

一眼レフやミラーレスカメラ、ライブビューが可能なカメラにはそのまま使える偏光フィルターですが
ライカのようなレンジファインダーカメラでは、ちょっと工夫が必要です。

レンズを通った光を見ることが出来ないからです。

そこで、13356の登場となるわけです。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
レンズにアダプター(白文字でLEICA E39とある黒い円盤)をネジ込み、13356の側面のネジで固定します。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)

使い方はというと、まずは、偏光フィルターが内蔵された前方のリングを
つまみを持って、レンズ前から上方に展開させます。

次に、ファインダーを覗きながら、先端のギザ付き部分を回します。
そうして偏光フィルターの効果が好みの位置になったら
元のレンズ前に戻します。

偏光フィルターは、その効果が最も少ない位置を0度とすると
フィルターを回していき、最も効果が表れる所は、90度で
更に回してゆくと180度で最も少なくなります。
さらに回して270度で最大になり、360度で最小になります。

そこを利用して、13356が作られたわけですね。
前方の偏光フィルターが入ったリングを180度展開させ、調整して、元の位置に戻しても
同じ効果が得られるというわけですね。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
13356をレンズに取り付けるためのアダプター、E39(39mmねじ込み)用の14207と
E46(46mmねじ込み)用の14210の2点が標準装備されています。

また、E49用の14211 とE49(M135mmF3.4)用の14418 が別売されています。

※かつて似たアイテムでPOOTR/13352 偏光フィルター付きフードがありましたが39ミリ口径用でした。

いや~Leicaって、いろいろ工夫して、撮影者の欲求を満たしてくれますよね!


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:17年10月22日 18時30分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP