StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Leica】接近!DRズミクロン

Leica (ライカ) DRズミクロン M50mm F2

DRとはDual Range(デュアルレンジ)の略。メガネを外した時は1m~無限遠。
メガネ装着時は48~90cmまで近接撮影が可能な異色の標準レンズです。
1956年の登場で、ボディの時期としてはM3にあたります。
当時を想像して、もしユーザーのほしいリストがあるとしたら、どれほど人気が集まったでしょうか。
個人的な感覚だと、広角や望遠レンズを手に入れた後、ようやく検討に入るレンズではないかと思われます。また、50mmの標準レンズからこちらに乗り換えるかもしれません。
いずれにしても現在ズミクロン50mmとの流通量を考えると、
迷った末に買わないレンズだったのではないでしょうか。
時代は少し下って、マクロ撮影というもののハードルが下がるのは60年代です。
一眼レフの普及によって近接、マクロ撮影が身近なものとなりました。

 

M型ライカに装着した時の一体感はたまりません。
二眼レフの近接アクセサリーにも、クローズアップレンズというものがあります。
ローライのローライナーが有名ですが、テイク(撮影)レンズに付けるレンズのほかに、
ビュー(ファインダー)レンズにもレンズを付けるというアイテム。
一眼レフなら「一枚で済むのになあ」と思わせてしまう、今となっては趣味性の高いものです。
マクロレンズの普及やデジタル化もそうですが、
テクニックや知識(露出倍数)といったものがなくても誰でも手軽に近接撮影が出来る素晴らしい時代になりました。
今回、改めてこのレンズを使用してみると正直「思ったほど寄れない」ことに、気付きます。
毎回、それも前回使った時よりも強く感じます。
原因はスマホやコンデジに間違いありません。
最近発売されたフォクトレンダーライカMレンズ/ニコンZボディ用(VM-Z クローズフォーカスアダプター)
を装着し、近接をダブルで楽しもうと思います。

【レンズ最短約48cmで撮影】
使用機材:Nikon Z6 + フォクトレンダー VM-Z クローズフォーカスアダプター

 

 

【レンズ最短+クローズフォーカスアダプター 約30cmで撮影】
使用機材:Nikon Z6 + フォクトレンダー VM-Z クローズフォーカスアダプター

[ Category:Leica Nikon | 掲載日時:20年07月30日 11時56分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP