StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Leica】金曜フードショー☆第17回 12538 M50mmF2用フード

Leica 12538ズミクロンM50mm用フード

みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げていきます。

今回紹介するのは、ズミクロンM50mmF2用の12538 フードです。
Leica 12536ズミクロンM50mm用フード
第12回で紹介したの 12585 の後継モデルで、第3世代のズミクロンM50mmF2用として登場しました。
形は似ていますが、材質は金属からプラスチックに変わりました。

12585と同じく、フィルター径39mmでフードを爪で固定する35mm、50mmのレンズに取付けできます。

Leica 12538ズミクロンM50mm用フード

構造は 12585 と同様で、左右のボタンを押し込んだ状態でレンズにセットし
ボタンを離すとレンズ先端の溝を4つの爪でガッチリと掴んで固定します。
Leica 12538ズミクロンM50mm用フード
銀色の四角いボタンを押すとフード内側の4つの爪が引っ込みます。

Leica12538
Leica 12538ズミクロンM50mm用フード
12538では、スリットの数が減り、2か所になりました。

側面の浮き彫りは、「12538 M2/50」。
反対側は、「LEITZ CANADA」のものと「LEICA CAMERA GMBH GERMANY」のもがあります。
Leica 12538ズミクロンM50mm用フード
また、12585 と同様に爪が二重に付いており、逆さまにして取付け可能です。
このとき、14033フードカバーを使用できます。

Leica 12538ズミクロンM50mm用フード
↑ Leica M5 + Summicron 50mmF2 + 12538

材質が金属からプラスチックに変わりましたが、プラスチック製は、へこんだり、歪んだりしませんし、軽量です。
そして何より、コストパフォーマスが優れていますね。

レンズに装着する際に、四角いボタンを押すと全体が歪んで取り付けにくい場合がありますが
ボタンと直角側を空いたほうの手で押さえてあげると取り付けやすくなりますよ。

レンズだけでなく、フードにも世代交代を感じさせるのも「Leicaらしさ」ですかね。

いや~フードってほんとにいいもんですね!

 

 

↓ こちらのフードカバーがお使いいただけます。

 

↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓

↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓

 

〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:15年06月26日 20時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP