StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Leica】67歳のレンズ「ズミクロン M50mm F2 沈胴」と中目黒デート

日本のカメラメーカーを中心に連載している「カメラを愉しむ」シリーズのライカ版「カメラを愉しむ for ライカ」の第3弾。本日は『67歳のレンズ「ライカ ズミクロン M50mm F2 沈胴」と中目黒デート』をご紹介いたします。

普段はカメラを首からぶら下げることの無い私。撮影しない時は「カメラバッグの中」、撮影する時は「手にストラップを巻き付け、いつでも撮影できるスタイル」が私の基本スタイル。

しかし、ライカを使っているときはそこが何か違うのです。「道具としてのカメラ」ではなく「身に着けるアクセサリー + 写真を撮る道具」に感じられるのが不思議。この日も一日中、首からカメラをぶら下げて『ライカある日常』を愉しむことができました。

優しさと立体感が見事に調和したこの描写性能。使えば使うほど「味があるな・・・」と感じさせてくれます。

年代物のレンズを使用していると「クラシック」な被写体に興味が湧いてくるものです。67歳のレンズと比較したらまだまだ若い?約40年前の「W123」という現代のEクラスに位置するモデル。少しマニアックな話にはなりますが丸目4灯を採用しているのは「北米仕様」ということでオーナーさんの強いこだわりが感じられます。カッコいい。

地元で見るフラワーショップよりもどこかオシャレに感じてしまうのは不思議・・・。

背景にピントをあわせ、前景をぼかしてみました。背景をぼかした時は個性豊かな表現をしてくれましたが、手前にボケを持ってくるととても自然です。

気分は上々、カメラーズハイな気持ちになってきました!もうシャッターを切る手が止まりません。

『高画質だから、使いやすいから、AF動作が早いから』ではないのです。

スペックが良い機材は山ほどありますが『撮りたくなるカメラ』は意外に少ない!

その感性は人によって違うので「下取り交換」というサービスを永遠とループしてゆく私が居るのです。まさに新宿の防湿庫ヘビーユーザー。

このレンズはとても不思議、やさしく写したい時は「やさしい写り」。メリハリを出したい時は「クッキリ」写ります。

今の時代のように「輪郭強調」などそんな便利な機能で操作しているのではなく、実に単純なからくり。『光 ひかり』を操ることでその表現を変えることができるのです。

撮影に集中していると小腹が空いてきたので、少し休憩しましょう。美味しそうなクロワッサンです。

オレンジとコーヒーのハーモニー、美味しく頂きました。

いかがでしたでしょうか。日頃からライカというメーカーを愛用されている方はもちろん、憧れの「ライカ」を手に入れて長く丁寧に使い込んでみてはいかがでしょうか。使えば使うほど「愛着」が湧いてきて手放せなくなります。

 




[ Category:Leica | 掲載日時:21年07月08日 18時34分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP