StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica】Mを愉しむ ~M11でレンズを愉しむ~ #6 ズミクロン M35mm F2.0 ASPH.

【Leica】Mを愉しむ ~M11でレンズを愉しむ~ #6 ズミクロン M35mm F2.0 ASPH.

きたる2月20日、MapCamera本館1階のLeica Boutique MapCamera Shinjuku が9周年を迎えます。
これもひとえに皆様の厚いご愛顧があったればこそ、心より御礼申し上げます。

9周年を迎えるにあたって、今回ライカブティックでは「愉しむ」をコンセプトに様々なイベントをご用意いたしました。
毎年ご好評いただいているスタッフによる連載ブログですが、今回は『Mを愉しむ』というテーマのもと、「M11でレンズを愉しむ」と「M10シリーズを愉しむ」という2本立てで進行させていただきます。

「M11でレンズを愉しむ」では、2021年1月21日に発売を開始したばかりのLeica M11を全面的にフィーチャー。
マップカメラスタッフが持ち回りで試写し、そのインプレッションを各々の観点で語らせていただきます。
さらに最新鋭機 M11に組み合わせたいレンズを各自でチョイス。その描写を皆様にお届けします。
時代を彩る銘レンズたちが、6000万画素という超高画素・高精細なカメラを通してどんな表現を見せてくれるのか、是非お愉しみください。

今こそ深遠なるライカの世界に…

 

・・・

LeicaのM型カメラを使用して思うことは、ファインダーを覗く、構図を考える、ピントを合わせる、シャッターを切る、写真を撮るための一つ一つの動作に意識を向けることができるカメラだということ。

写真を撮る愉しさや悦びを提供してくれるのはLeicaのカメラが一番と筆者は思っております。

一つ一つの設定に意識を向け、シャッターを切るときのLeica特有のシャッター音。

筆者はM10-Pの厳かな音も、M10のハッキリとした音も、両方好きです。

M11はM10-Pと同様の厳かな音で、その一枚一枚を確かめたくなります。

 

高画素機モデルになると、レンズの描写力がより顕著に分かってきます。

Leicaにはその描写をより堪能できるレンズが豊富に存在します。

今回筆者がチョイスしたのは、ズミクロンM35mm F2.0 ASPH.

現行のズミクロン35mmはクリアな描写で、6000万画素でもその実力を大いに発揮したと思います。

ピント面はしっかりと、ボケはとても柔らかいことが作例から伝われば幸いです。

 

SONY  α7RIVが同じ6000万画素相当ですが、筆者にはなんとなくLeica M11の方がその高画素特有の描写の柔らかさが感じられ、とても好感が持てます。

筆者はどのメーカーでも写真を撮影する際には、色味は必ずスタンダードで撮影するようにしています。

各メーカーの標準の表現を見ることができると思い、その設定で撮影をしております。

Leica M11は私の好みの表現にドンピシャでハマり、シャッターを切り、背面液晶で撮影した画像を確認するのが毎回楽しくなっていました。

 

常に撮影することの面白さや楽しみを与えてくれるLeica M11は、筆者にとって時間の経過を忘れさせる天才です。
こちらの囲炉裏においては、これもあり、あれもあり、20枚も撮影をしておりました。

撮影の際、1枚1枚に大きな変化をつけたわけではありませんでしたが、撮影をしているときは無我夢中に人差し指がそのシャッターボタンを押しこんでいました。

 

Leica M10シリーズと同様、撮影することの愉しみを絶やすことなく、Leica M11からもその愉しさを教えてもらいました。

ミラーレスカメラが台頭し、カメラが小型軽量化、フランジバックが短くなることにより、より高画質で大口径なレンズが続々と登場しておりますが、逆にレンズの大きさは大きくなる一方の印象です。

ボディ・レンズともにコンパクト。
今回使用したズミクロン M35mm F2.0 ASPH.は初めましてでしたが、そのコンパクトさからは想像できない描写力と筆者の好きなボケ感を見ることができました。

今回は最新のレンズで撮影を行いましたが、L39スクリューマウントのオールドレンズ、特に ヘクトールL73mm F1.9でも撮影してみたくなりました。

Leicaには、同じ焦点距離でも異なるF値を持つレンズや、同じ焦点距離、同じF値でも幾代にもわたってレンズが存在します。
Leica M11を使えば、様々なレンズの解像力・ボケなど新たな発見ができるかもしれません。

次回もお楽しみに

ライカブティック9周年記念ブログ『Mを愉しむ』はこちらから。




[ Category:Leica | 掲載日時:22年02月16日 16時15分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Return of summer ポイント5倍

RECOMMEND

PAGE TOP