StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Leica】M10-P ファーストインプレッション

使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6

遂に本日発売となりました『Leica M10-P』。基本性能はM10を踏襲しつつも、より静音性の高いシャッターの採用や、M型初となるタッチパネルの採用など、今までのプロフェッショナル仕様である“P”よりも特別感のあるポジションを手にいれたように感じます。そんな『Leica M10-P』を早速フィールドへ持ち出し撮影をしてきました。是非その性能の片鱗を感じて頂けたらと思います。

使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6

カラーでもモノクロでも“写真らしさ”を感じる絵作りは流石ライカ。ベースとなっている『M10』のセンサー性能は素晴らしく、『M(Typ240)』と比べてもダイナミックレンジが非常に広くなった印象です。そして『M9』で感じた深みと艶のある発色も『M10-P』からは感じることができます。

使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6

使用した『ズマロン M28mm F5.6』は、およそ60年前に発売された銘レンズ「赤ズマロン」を復刻させた1本。古い設計にもかかわらず、絞り開放から驚くほど解像力の高いレンズです、そして周辺が派手に光量落ちするのも特徴で、写真に独特の世界観をもたらしてくれます。絵作り、ビジュアル共に『M10-P』との相性も良く、スナップにおすすめのレンズです。

このカットは『アポズミクロン M50mm F2 ASPH.』を使用して撮ったもの。全カメラレンズの中でも最高峰の光学性能を持つ本レンズは、『M10-P』のセンサー性能を十二分に引き出してくれるレンズです。今や2400万画素を超えるフルサイズ機は沢山ありますが、『M10-P』と『アポズミクロン M50mm F2 ASPH.』の組み合わせで撮った写真は解像力だけでなく、写し出された被写体の質感の違いに気付かされるはずです。

短い間ですが『M10-P』を使用してみて「最高のM型デジタル機」という印象を受けました。アナログな印象の強いM型にタッチパネルを採用した事により、より直感的な操作と撮影を可能にしています。実にライカらしい、素晴らしい進化を遂げた機種でした。

さらに詳しい『M10−P』のインプレッションは【Kasyapa for Leica】でご紹介する予定です。ただいま執筆中ですので楽しみにお待ち下さい。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:18年08月25日 17時00分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP