【Leica】SL2の所感

今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。

まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。
ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。
大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い付くようです。

Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

現時点ではAFが迷いがちな印象をうけましたが、ソフトウェアのアップデートで安定してくる事でしょう。
迷わなければ合焦は早く、安心して使えます。

更に5.5段分の手振れ補正も秀逸です。
ライカのMレンズを手振れ補正付きボディで楽しもうとしたときに、今までは他社製のミラーレス一眼を使わなければなりませんでした。
ですがやっと純正の組み合わせかつ手振れ補正込みで撮影を楽しむことができるようになりました。

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

色乗りはSLよりもナチュラルになりました。
御しやすい色味です。後編集も容易でしょう。プロにとっては大変喜ばしいことです。

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

画の抜けが良く、スカッとクリアな描写です。
SL用のライカレンズはどれも銘玉ぞろいですが、そのポテンシャルを最大限に発揮できるボディです。

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

オートホワイトバランスの精度が良くなったため、夕暮れ時や夜間でもAWBのままで不満はありません。シャッターを押すだけでこの画、この色。文句の付け所がありません。

Leica SL2+アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

高感度ノイズも良く抑えられています。サラサラとした輝度ノイズこそ出ているものの、カラーバランスを崩す色ノイズとは無縁。ISO6400でも安心して使えます。

登場前から予想はしていましたが、やはり良いカメラです。
プロフェッショナルのみならず、ライカのM型レンズをライカの色で使いたい方にもおすすめ。
5.5段の手振れ補正は、一度経験してしまうと病みつきです。
基本的な操作感もSLから大きく変わっていない為、購入後すぐに仕事で使うことも容易。
SL2、良いカメラです。

↓使用した機材とおすすめ商品です↓




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:19年12月24日 15時00分 ]
1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP