【LEICA愛】ライカ、な理由。

メーカー愛スプリングバトルLEICA編

null

“ Leica ”

私にとって唯一無二の存在であり、かけがえのない相棒。

「お前はライカを買え。」

という、今考えると無茶苦茶な恩師のアドバイスに従い、

写真学生時代に苦労して手に入れたLeica M2。

共に旅した場所は数知れず、トップカバーに刻まれた傷跡は今ではその一つ一つが大切な思い出。

null

ライカという存在はもちろん高嶺の花であったが、それまで国産MF機を愛用していた私にとっては、

「ブランドだけだろう」という先入観の方が大きかった。

なぜあんなにも高価なのかも理解できなかった。

しかし。

実際にこの手で触れてみると、なんという精密感。

なにより、使い込めば使い込むほどに手に馴染む。

自分の手の延長、そして目の延長となっていく・・・。

この感覚はなんだろう?

歴史に名を残す先人達が撮影した作品のクレジットに、

必ずと言って良いほど “Leica” の文字がある理由を、肌で感じた瞬間だった。

null

“形態は機能に従う”

アメリカの建築家、ルイス・サリヴァンの残したこの言葉。

ライカにぴったりの言葉だと私は思っている。

写真を撮影する為に必要な機構だけが静かに重なり合い、

それらをやさしく包み込む、アールを描いたボディシェル。

まさに、機能美を体現したようなカメラ。

真剣に写真を撮ろうとする者の手に、馴染まない訳が無い。

気高く、美しく、撮り手の意のままに。

私はもう、絶対にライカを手放せない。

null

To be continued.

(文責/写真:R.Hirokawa)

Leica M2 中古ボディの詳細・webからのご注文は⇒コチラからどうぞ。

↓クリックで1票!

[ Category:Leica | 掲載日時:13年04月02日 15時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP