StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8th】私のLeicaCCD機とM3愛

【Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8th】私のLeicaCCD機とM3愛

Leica Boutique MapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン8周年を迎えます。
これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのこと。心より御礼を申し上げます。

さて、1年に1度のライカブティックにとって記念すべきこの2月。 8回目の今年は「ライカ恋慕」と、題しまして、マップカメラきってのライカ好きに、ただひたすらと「一人一人のライカ愛!」を語ってもらいます。

ライカはとにかく高価。

ライカは歴史が長くて敷居が高い。

ライカというだけでピント合わせるのも難しそう。

今はまだそう感じている方も多いのではないでしょうか。 確かに、価格や長い歴史、操作方法などは事実として変わることはないでしょう。
それでも数分後、このブログを読み終えた前と後では何かが違って見える、かもしれません。
様々なハイスペックカメラが世に溢れる今の時代に、ライカを愛し、使い続ける理由とはなんなのか。

十人十色の視点から愛でるライカ、さあ今回も紐解いてまいりましょう。

私たちは、なぜライカに魅了されるのでしょうか。

コンパクトさ?高級感?洗練されたデザイン?それとも、その長い歴史でしょうか。

私がライカに魅了されるのは、様々な制限があるからこそ、幅広い表現ができるというところ。そして、知れば知るほど、もっと追求したくなるというのが、ライカというブランドの魅力でもあります。きっと、同じように感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ライカを愛用している私が特に気に入っているカメラ3台と、それぞれで撮影した写真をご紹介します。

Leica M9-P 

CCDのM9は2009年に発売され、初のM型フルサイズのデジタルカメラです。高感度制限、低解像度の背面液晶、気まぐれなオートホワイトバランスなど、やや使いにくい印象があるかもしれません。さらに昨年、改良版CCDセンサーへの交換中止がアナウンスされました。それにも関わらず、価格がM10に近いM240よりも人気があります。

以下は、私がM9で撮影した写真です。何故このカメラは、いまでもライカファンから多くの支持を集めているのでしょうか。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH Black paint

 

Leica M Monochrom

2012年8月に発売された、M9をベースに開発されたモノクローム撮影専用機 ・Mモノクローム。このカメラは、1800万画素にも関わらず、中判カメラを凌ぐほど高い解像度を誇ります。

 

Leica M monochrom + Elmarit M28mm F2.8 4th

Leica M monochrom + Summicron M35mm F2.0 1st goggles

Leica M monochrom + Summicron M35mm F2.0 1st goggles

 

Leica M3 DS

このカメラには、オートフォーカスも手ぶれ補正機能もありません。もし、フィルムのような階調や粒子感がほしい場合、Mモノクロームであれば、ソフトウェアで簡単に編集することができます。それなのになぜ、わざわざフィルムで撮り、暗室で印画紙一枚一枚、フィルターの違いを確かめたいと思うのでしょうか。

 

eica M3 DS+Hektor L50mm 2.5+Kodak Tri X400

 

Leica M3 DS+Hektor L50mm 2.5+Agfa APX100

・・・

上記のこと以外にも、

なぜオリジナルの黒塗り個体だと、大きく値段が跳ね上がるのか。

なぜ、50ミリで設計されたファイダーが35ミリのレンズも90ミリのレンズも連動するのか。

なぜ、平行カムをやめて、また傾斜カムに戻ったのか。

知りたいことは尽きません…。

今回紹介したカメラたちのように、制限があるからこそ出来る表現を楽しみながら、これからも長くライカと付き合ってきたいと思います。

皆様もライカに興味を持ってくださいましたら幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。次回もお楽しみに!

↓バックナンバーはこちらからどうぞ↓

↓Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8周年を記念したイベントはこちらからどうぞ↓

[ Category:Leica | 掲載日時:21年02月09日 11時45分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP