StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8th】私のM3ブラック愛

【Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8th】私のM3ブラック愛

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン8周年を迎えます。
これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのこと。心より御礼を申し上げます。
さて、1年に1度のライカブティックにとって記念すべきこの2月。
8回目の今年は「ライカ恋慕」と、題しまして、マップカメラきってのライカ好きに、ただひたすらと「一人一人のライカ愛!」を語ってもらいます。
ライカはとにかく高価。
ライカは歴史が長くて敷居が高い。
ライカというだけでピント合わせるのも難しそう。
今はまだそう感じている方も多いのではないでしょうか。
確かに、価格や長い歴史、操作方法などは事実として変わることはないでしょう。
それでも数分後、このブログを読み終えた前と後では何かが違って見える、かもしれません。
様々なハイスペックカメラが世に溢れる今の時代に、ライカを愛し、使い続ける理由とはなんなのか。
十人十色の視点から愛でるライカ、さあ今回も紐解いてまいりましょう。

私のライカ、1回巻きの後塗りブラックペイントです。このライカはファーストライカでもあります。
それまでは時代の最先端を行くミラーレス一眼がひしめくフロアに配属だった私が一転、ライカを取り扱う事になりました。
元々はマウントアダプターでライカレンズなどを楽しんでいたこともあって、光学方面には多少なりとも知識がありましたが本体の方にはまるで興味がなく、M3から始まるM型ライカの遷移を覚えていった事を思い出します。まさか後でライカを手にしているとは思いもしなかったわけですが…

カメラで言ってしまえばそれまではバリバリのデジタル真人間だったわけですが、フロアで様々なフィルムライカに触れるうちにデジタルカメラと同じ尺度で見てはいけないんだなという事に気付かされます。その1台1台に、生まれてから初めてオーナーの手に渡り、使われ、整備されながらまた別のオーナーの手に渡り幾重にも積み重ねられた歴史があるんだなと。
そうして今の時代まで残った物を手に覚え、耳で感じ、目で捉える事が多少出来るようになってきたかなというところでこの後塗りブラックペイントと出会います。

後塗りではありますが、通常のシルバーではなくブラックペイントという特別感もさることながら、特に巻き上げレバーの感触が大変良い個体です。
程良いトルク感がありつつワンストロークしてみると、今まで触ってきた個体にはなかったシルキーさに一目惚れしてしまいました。
シャッターもよく調整されており、比較的静かで幕速も良好。この機を逃したらこんな個体はなかなか出てこないだろうな…とお買い上げ。
ところどころ後塗りが剥げて地の真鍮が見えているのですがこれはこれで趣があって良いなと思います。

M3といえばやはり0.91倍というファインダー倍率が魅力的で、50mmレンズを装着した時にほぼ等倍として像を見渡すことが出来ます。
そして撮影範囲となるブライトフレームの外側も見えているという事がレンジファインダー機の最大の特徴で、急にフレームインしてくるような被写体でも撮影範囲の外が見えているおかげで対処がしやすいわけです。
よくスナップに向いているシステムだ、なんて言われますがまさにその通りだなと。

そして二重像でのピント合わせ。これはM型ライカ全般で言えることですが、結構苦手としている人も多いと思います。
特にオートフォーカスが当たり前になったこのご時世だと、基本はピントが合っているのが当たり前で、特にライブビューを主体とするカメラではピントが合っていないと気持ちが悪くてシャッターが切れない事もありますが、ライカでの撮影はピント合わせの構造上常に完璧なピント合わせをする事が出来ません。
どうしても最初はピントを合わせることに集中してしまいがちなのですが、慣れてくると「合っていれば良いな、まずは撮ろう」と思えるようになります。
撮りたい気持ちを大事に出来るのがライカの良いところです。
もっともフィルムもジワジワと高騰しているので、全く気にせず…とはいかないのですが。
ただ、そんなスローライフの様な写真の撮り方もまた楽しいものです。

それでもライカを手にした事で写真に対するアプローチや考え方の広がりを得ることが出来たのが、ライカを手にして良かったなと思える一番のポイントかもしれません。
生活の一部ではありませんが、自分の写真と向き合いたくなった時にふと手に取ると心の中のつっかえがスコンと外れる、そんなカメラです。

↓バックナンバーはこちらからどうぞ↓

 

↓Leica Boutique MapCamera Shinjuku 8周年を記念したイベントはこちらからどうぞ↓


[ Category:Leica | 掲載日時:21年02月06日 11時30分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP