StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【marumi】ソフトファンタジーⅡで楽しむ、やわらかしゃしん

【marumi】ソフトファンタジーⅡで楽しむ、やわらかしゃしん

本日は、高品質なフィルターメーカーとして知られるmarumiの「DHG ソフトファンタジー II」というソフトフィルターについてお話いたします。

(ソフトフィルターとは、写真の光を拡散させ、「ほわー」っとした雰囲気に仕上げてくれるアイテムです)

 

 

2021年1月現在、marumiからは以下の5種類のソフトフィルターがリリースされております。

DHGポートレート 
DHGレトロ ソフト 
DHGソフト ファンタジー 
DHGソフト ファンタジーⅡ
DHGフォギー ソフト

下に進むにしたがって、どんどん効果が強くなります。

今回使用するソフトファンタジーⅡは下から2番目の強力なタイプ。

光の拡散がかなり強く、何も考えず使用しても十分な効果が得られます。

この記事で使用したボディは

Canon EOS 6D Mark II

使用レンズは

Canon EF50mm F1.8 STM

です。

(ちなみにソフト効果はf値によっては変わらず、焦点距離が長いレンズほど効果が強くなります。)

直射日光が当たっていない所でさえ、拡散光の影響でソフトな描写になっております。

その為こういった木漏れ日のシーンで使うには、少しばかりしつこすぎるかもしれません。

 

 

筆者はどちらかというと、フラットな環境光の下で使う事が多いです。例えば、下の写真のような。

これをフィルター無しで撮ると「なんてこと無い」写真になってしまいますが、ソフトファンタジーⅡを使用する事によって文字通り「ファンタジック」になりました。

このような曇り空や、強い光源が無いシーンでの使用がおすすめです。

もし晴天の日に使うなら、影が無い所で使うのが良いでしょう。

(真ん中にある点は小さな虫です)

 

さて、もう一つおすすめなのは室内での使用です。

例を挙げると夕暮れの時間や、ガラスの多い場所でしょうか。

屋外の直射日光とは違い、室内ならば明暗差があっても上手くまとまる気がします。

どう写すか迷った時は露出補正で少し暗めにし、シャドウを黒潰れぎりぎりまで落としてしまうのも一つの手。

殆ど真っ黒に見える場所にも、緩やかなソフト効果が確認できる事があります。

それがまた味になったり…。

 

 

なかなか話題に上がる事の少ないソフトフィルターですが、いかがでしたでしょうか。

最後に一つだけ、ISO感度は出来るだけ下げた方が良いと思います。

デジタルカメラの特性上、コントラストの高い所(合焦位置)よりもボケている場所の方がカラーノイズが乗りやすく、ソフトフィルターを使用するとその特性が助長されてしまいます。

ですので、可能な限り低感度にする事でクリーンな画質を楽しみましょう!

 

 

 

[ Category:Canon etc. | 掲載日時:21年01月25日 17時30分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP