StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】今Nikonのフィルムカメラを楽しむ。

先日Nikonから「Zf」が発売されて大きな話題となっています。

Zfの最大の特徴はなんといってもNikonのフィルムカメラFM2からインスピレーションを受けた外観のデザインとダイヤル類かと思います。

そんなZfが発売された今だからこそNikonのフィルムカメラで撮影してみました。

話の流れから今回の機材はFM2と言いたいところですが今回撮影に持って行ったのは、Nikon New F 。レンズはVoigtlander Color-Skopar 28mm F2.8です。

まずは外観をご覧ください。


Nikonのフィルムカメラのデザインはシンプルで洗練されていると思います。これぞカメラという見た目で非常にかっこいいです。

Voigtlander Color-Skopar 28mm F2.8 との相性も非常にいいと思います。

今回は新宿をスナップしてきました。作例をご覧ください。

フィルム独特の色味やザラツキはデジタルで表現するのは難しいなと改めて感じます。

普段見ている景色でもフィルムで撮るとなんだか非日常を感じることができます。

モニターはおろか、手振れ補正などの便利な機能は何一つついていないのがこの年代のフィルムカメラなわけですが、故に、機械を動かしているという感覚をより強く感じることができ、撮影がとても楽しいです。

今回使用した、Nikon New Fは露出計が付いていないので、露出計を用意する必要がありますが最近では露出計アプリなどがあるのでより手軽に楽しむことができます。

自分の感を頼りに露出を決めて撮影するのも楽しいのでオススメです。

現像に出して、初めてどんな写真が撮れているかがわかるのもフィルムの楽しみと言えます。

筆者は何を撮ったか忘れた頃に現像に出すことが多く、戻って来る度にそういえばこんなの撮ったなと撮影時の事を思い出しています。

 

今回現像はお店にお願いして、デジタイズはNikonのデジタイズアダプターES-2を使って行いました。

手軽にデジタイズができるキットなのでこちらもオススメです。(ただデジタイズした写真にごみやチリが紛れ込むことがあります。)

ES-2に関してはこちらもどうぞ↓

『フィルムをデータ化! フィルムデジタイズアダプターのすゝめ 【準備編】』

 

いかがでしたでしょうか。今回はあえてフィルムカメラを持って撮影に出かけてみました。

普段はデジタルで撮ることが多い筆者にとって非常に新鮮な体験になり、これからはもっとフィルムで撮ってみようかなと思いました。

皆さんもニコンのフィルムカメラを使った撮影はいかがでしょうか。

 




今回使用したフィルム ↓


今回デジタイズに使用した機材 ↓




[ Category:Carl Zeiss & Voigtlander etc. Nikon | 掲載日時:23年11月08日 18時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP