StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【FUJIFILM】佐倉チューリップフェスタ2024にて春に圧倒される

【FUJIFILM】佐倉チューリップフェスタ2024にて春に圧倒される

春を迎え空気もぬるみつつあるこの頃ですが、雨が多い日々が続いています。
ただ、一雨ごとに季節が進んでいるようにおもえます。

春の季節をじかに体感したく毎年おとずれている華の祭典に出かけてみました。
「佐倉チューリップフェスタ2024」
日蘭修好380周年を記念して、平成元年に始まったチューリップの祭典ですが、今年は少し特別で佐倉市市制施行70周年記念事業という側面もあるようです。

関東最大級の規模で開催され、約100種類70万本のチューリップが、オランダ風車「リーフデ」と印旛沼を背景に開催されています。
以前に縮小して開催されていたころには、確か30万本でしたので、見渡す限りチューリップ畑という圧倒的な迫力を取り戻しています。
以前には80万本をこえていたこともあったと思うので、70万本というのは70周年記念事業にかけているのかもしれません。

咲いているうちに色が変わる「移り色」や香りの豊かな品種など珍しいものや、日本初上陸のチューリップが登場しているものもあるそうです。

開催されている印旛沼湖畔の佐倉ふるさと広場には行楽日和で、とてもよく晴れていたこともあり多くの人が訪れていました。
チューリップそのものを楽しめることはもちろんですが、端にいる人が小さく見えるほど広く圧倒的に広がるチューリップ畑そのものが、日常では味わえないものであり非日常感を楽しめるかと思います。

今回使用した機材はこちら
FUJIFILM X-H2
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

新開発の約4020万画素「X-Trans(TM)CMOS 5 HR」センサーを搭載し「Xシリーズ」史上最高画質を実現、高画素を生かした「X-H2」とキットレンズとしての組み合わせである「XF16-80mm F4 R OIS WR 」。6.0段手ブレ補正機能と広角から中望遠までの焦点距離全域で開放F値4の明るさがX-H2の高画素機の性能とマッチしており携行性と描写性を高いレベルで発揮していると思います。
X-H2の圧倒的な描写性能を軽快に楽しみたい方はこの組み合わせで試されてみてはいかがでしょうか。

開催期間は2024年4月21日(日)※9:00~16:00までだそうです。
チューリップの開花状況を見るとまだまだ、見ごろであるので期間を延長して開催してもいい気がするくらいです。
明日までとなりますが、訪れてみてはいかがでしょうか。

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:24年04月20日 16時30分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP