StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみました【カメラを愉しむ vol.10】

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。

本日は歳の差 なんと約42歳!

『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。

null

まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。
このレンズの誇るべきポイントは3つ。

1.サジタルコマフレアを開放から補正

2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成

3.線が細く繊細な描写性能

中でも「サジタルコマフレア」を開放から補正したいというノクト=Nocturne(夜想曲)の開発思想は大口径化するほど発生し易く、レンズ設計者を悩ませてきたという。

そこでコマフレアを大幅に低減することに成功した技術は、高屈折率ガラスを採用し曲率を弱くする。これに加え、前面に非球面レンズを採用することで改善した。

生産管理も徹底的に実施され、組み上げ後専用検査装置で収差の測定や、製品のフレア管理を実施されていたとのこと。

当時のものづくりへのこだわりがひしひしと伝わってくる逸品。

それでは実際にZ7に装着した写真をご覧ください。

null

null

新旧ともにとても存在感のあるレンズですね。

null

null

null

null

null

null

最新のNoctもすごい迫力ですが、1977年に発売した元祖Noctの存在感は今でもそのスペックを物語る存在感があります。

次回は、元祖Noctを作例付でご紹介したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!


【カメラを愉しむ】シリーズバックナンバーはこちら
PhotoPreview


〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年01月22日 18時10分 ]
1+

RECOMMEND

PAGE TOP