StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】全てを満たす。Plenaを使ってみた。

【Nikon】全てを満たす。Plenaを使ってみた。

今回は固有名称を冠したレンズ、「Nikon NIKKOR Z 135mm F1.8 S Plena」を使ってみました。
本レンズは、先に発売された、NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctに続いて発売された、固有名称付き中望遠単焦点レンズとなります。

この「Plena」という名前は、空間が満たされているという意味のラテン語、Plenumに由来されています。
今回はPlenaの性能をフルに発揮させたいため、組み合わせたボディはNikon Z9になります。
それでは作例をどうぞ。※作例は全てRAW現像を行っており、粒状感などを追加しております。

これまで様々なレンズでボケを感じてきましたが、Plenaは「とろけるような」ボケ。とても綺麗なボケだと感じました。
そして描写にも驚きました。
合焦しているまつげや目の周辺部分の解像感が非常に高く、高画素機で使用するとかなり拡大してもしっかり描写されており、どこまでクロップできるんだ…と驚きました。

ボケの美しさも非常に魅力的ですが、立体感も非常に素晴らしい。中判のフィルムカメラを使って撮影することもあるのですが、その立体感にも負けてないのではないかと感じました。
ボケの美しさとこれほどに被写体を浮き上がらせる立体感。ポートレートレンズとしては最強クラスといっても過言ではないのではないのではないでしょうか。

もちろんポートレートだけのレンズではありません。
中望遠スナップにも挑戦しました。普段中望遠レンズでスナップをしない私には少し抵抗がありましたが…
そんなことも忘れるくらいの描写力。
中望遠スナップの楽しさに少し触れることができたと感じています。

この日はZ9とPlenaをストラップ無し、手持ちで撮影をしていたのですが、意外と疲れないことにも驚きました。
決して軽いレンズではありませんが、ボディと組み合わせることで良いバランスになっているのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

今回はNikon NIKKOR Z 135mm F1.8 S Plena を使って撮影をしました。
「描写」「ボケ」「立体感」と三拍子揃った本レンズ。
撮影時はもちろん、撮ったデータを見た時も衝撃を受けるほど良く写っているレンズで非常に満足度の高いレンズ。
まさに全てを満たすレンズです。

皆様も是非Plenaの写りに満たされてはいかがでしょうか。


[ Category:Nikon | 掲載日時:24年01月26日 17時10分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 創業祭フォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP