StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】動画撮影で使いたいNIKKOR Z 24-120mm F4 S

発売からご好評頂いているNikonの「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」。
今回は前回の記事の中から「フォーカス性能」について取り上げてみたいと思います。

前回の記事はこちら

一眼レフ用の「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」が登場したのは2010年9月。
その後、D750やD810等のフルサイズ機のキットレンズとして設定されていました。
筆者もFXフォーマットのカメラボディのお供として長く親しんできました。
24mmスタートながら5倍の120mmまで使用ができ、なおかつナノクリスタルコートで、さらには絞りF4通しで、重さは710g。
カメラに一本装着したままにするレンズとして多くの国内外の旅行に活躍しました。
写真に関しては申し分ないのですが、いざ動画となると当時は今ほど動画撮影が主流ではなく、あくまで写真撮影のできるカメラボディのプラスアルファの機能として動画撮影機能があったように思います。
そのため、気軽に持ち出して写真は撮れるものの、動画を撮ろうとすると「あともう少し」と感じる場面が多々ありました。

それから月日が経ち、ミラーレス一眼カメラが登場すると動画撮影機能は大きく飛躍します。
AF性能の向上はもちろんのこと、AF方式の違いで、動画撮影時の挙動が好転いたしました。
Nikonにおいても同様で、Zマウントの登場によって大きく変わっていきます。
そうした流れでその違いを見ていきましょう。

まずは、「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」です。
撮影設定はいずれも開放F値のF4で撮影をしております。
音に着目してください。
写真撮影ではあまり気にならないAFの駆動音ですが、動画にするとその音をマイクで拾ってしまい気になってしまいます。

一方、「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」ではいかがでしょう。
撮影設定は同じなのですがその静粛性能の高さに驚かされます。
これであれば、外の音を取り入れる撮影においてもAFを使用して撮影することが可能になるかと思います。

続いて50mmです。
音はさることながら、AFが合焦する直前にフォーカスが前後に動くのがお分かりいただけますでしょうか。
このような動きになってしまうと滑らかなピント送りとはいかなくなってしまいます。

比べてしまうと一目瞭然ですが、「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」の場合は、じわっとフォーカスが動いてそのまま滑らかにピントが合っていきます。
これであればAFを駆使した自然なピント送りを期待することができます。

続いて外観を見てみましょう。

 

 

「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」は寸法が最大径約84mm、レンズマウント基準面からレンズ先端まで118mm、質量が約630gとなっております。
「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」は寸法が最大径約84mm、レンズマウント基準面からレンズ先端まで103.5mm、質量が約710gとなっております。

 


Zマウントのカメラボディで「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」を使用する場合には、マウントアダプターが必要になります。
そうなるとアダプター分長さが増しますので、縮長で「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」の方が短くなります。

NikonのZマウントカメラボディで使用するには「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」の方が相性がよさそうです。
しかし、「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」は冒頭でお話ししましたように手軽にお手頃に手に入る標準ズームレンズとしての実績は申し分ありません。

使用機材:Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

使用機材:Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

使用機材:Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

今回、ご紹介した「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」と「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」はいずれも写真撮影においては携帯性や利便性に長けており性能も高いため、おすすめのレンズとなっています。
そこからさらに動画撮影にも使えるレンズとして「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」が一歩進んだように思えます。

写真撮影がメインの方には「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」と「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」という選択肢。
そして動画撮影がメインの方には広角~中望遠を一本でカバーして、ズーム全域で開放絞りF4をお使いいただける「NIKKOR Z 24-120mm F4 S」がおすすめです。










[ Category:Nikon | 掲載日時:22年03月26日 17時00分 ]

LINEで会員登録マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP