StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】望遠レンズで見た12月の風景

【Nikon】望遠レンズで見た12月の風景

12月に入りいよいよ寒さが増してきました。撮影した写真にも冬の訪れを感じます。
今回もNikon AF-S Nikkor 300mm F4E PF ED VR レンズで撮ったこの時期の写真をいくつかご紹介します。

 

今回は埼玉県飯能市の高麗峠~宮沢湖(メッツァヴィレッジ/ムーミンバレーパークがあるところ)まで歩いてみました。

 

道に積もった落ち葉の上を歩きます。

 

まだきれいに色づいている葉も多くありましたが全体的にはピークを過ぎていて、12月の表情をした景色に感じられました。

 

 

途中、巾着田と宮沢湖方面への分かれ道になる辺りで休憩できる場所があったので、自宅から持ってきたお弁当を食べました。
ここは森から少し出たところで陽当たりもよかったので食べながら何枚かシャッターをきりました。
広々としたところで望遠レンズを使うのにピッタリの場所でした。

 

背景の色あいやボケ具合のやわらかさがきれいにでました。Nikon AF-S Nikkor 300mm F4E PF ED VR は人物撮影にもおすすめのレンズです。

この後、宮沢湖に向かいました。今回は山道といった感じの森の中を歩いたので、休憩した場所以外は基本的に暗い場所での撮影を強いられました。
手振れした写真が増えてきたところで撮影をやめて歩くことに専念しました。

今年の秋はハイキングをすることで季節の移り変わりを肌で感じることができました。今回歩いたコースも春になればまた違った表情を見せてくれることでしょう。その頃、またここを訪れようと思います。

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年12月13日 20時45分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP