StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Nikon】理想のD600 / D610

NikonのCOOLPIXから歴代のデジタル一眼レフカメラまで、その魅力に迫る・・・すべてのNikonシリーズ!

今回はニコンFXフォーマットで最小最軽量のバランスに優れたD600をご紹介いたします。

衝撃的なデビューを飾ったD800の興奮もまだ冷めやらぬ2012年9月27日に、

新たなFXフォーマットモデルとして登場しました。

これまでリリースされたニコンFXフォーマット機は、フラッグシップ機に迫る機能を備え、

非常に満足度の高いモデルではありましたが、気軽に持ち出すには大きく重いという不満点がありました。

もう少し手に入りやすい価格で気軽に使えるFXフォーマット機の期待が年々高まっていたユーザーの声に応えるモデルと言えます。

まず注目されるのは何と言っても、FXフォーマット機としてはニコンデジタル一眼レフ史上かつてない小型軽量ボディながら、

強度や防塵防滴性能を確保していることです。

そしてあらゆる面でバランスを考慮して選択された有効約2,426万画素のFXフォーマットCMOSセンサー。

AFセンサーはフォーカスポイント39点のマルチCAM4800を採用により、テレコンバーター使用時の合成絞り値F8までのレンズに対応。

また最高5.5コマ/秒、最大100コマの連写性能に、作動耐久15万回のシャッター、

FXフォーマット機としては絶対条件の視野率100%ファインダーを確保。

記録メディアスロットは、SDXC/SDHC/SDメモリーカードのダブルスロットなど、

確かな技術と信頼性の高い機能、操作性で、ニコンユーザーをうならせるミドルレンジの

FXフォーマット機として仕上がっているモデルです。

2013年10月にD600の連写性能や動画機能を強化し、連続撮影最大約6コマ/秒、静音モードでの連写も可能になったD610が登場します。

ユーザーからの連写性能への不満の声が反映されたD600の改良モデルではありますが、

その他の基本性能はほぼ同じであるため、D600のマイナーチェンジ機と言っていいでしょう。

実際に手にして使用してみると、その秘められた性能を小型軽量にうまくまとめられた印象を感じとることができます。

画質面も極めて高解像度かつ高感度にも強く、最新技術を惜しみなく投入された非常にバランスの優れたカメラであり、

被写体を選ばずにだれもが使うことができるオールラウンドプレーヤーです。

まさに理想のカメラこそが、このD600、D610ではないでしょうか。

すべてのNikonシリーズは商品詳細

高い機動力と高画質を持つ小型FXフォーマットモデル・・・

手軽にフルサイズが楽しめる「理想のD600、D610」はこちら

〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon | 掲載日時:14年11月11日 21時15分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP