【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに!

null

ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。

null

街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして、赤いタコにピントを合わせました。

null

学校の花壇に植えられた黄色い花。こちらに向いて主張していた一輪を主役に選びました。F1.2の力で、脇役たちがきれいにボケてくれています。

null
null
null
null
null

上から順に、水仙、桜、ホワイトパウダーパフ。花のアップを撮ると、背景のボケ味の美しさがより際立ちます。ホワイトパウダーパフの白くふわふわした部分は花びらではなくおしべです。

null

みかんがたくさん生っていました。

null
null

よく見ると小さな花が咲いています。優しい写りですがピントが合った部分は精細に描写されます。

null
null

木の皮を撮るのが好きです。この木は表面が波打っており、F1.2のピントの薄さがよくわかります。

null
null

スズメたちがおしゃべりしていました。58mm単焦点ということで少し近寄りたかったのですが、筆者がゆっくり動くと察して飛んで行ってしまいました。

null

あくびをする仔犬。マニュアルフォーカスですが、なんとかあくびのタイミングに間に合いました。当レンズの優しい写りは、こういった写真を撮るのにぴったりです。

nullnull

ティファニーカラーの珍しいタイプライター。金属部分の光の反射とF1.2の大きなボケが相まって、おしゃれな雰囲気で撮れました。

null

最新のノクトの描写は先日のブログでお伝えしたとおり素晴らしいですが、1977年(昭和52年)生まれのノクトの優しく味のある描写もまたたまらないものがあります。なによりF1.2にもかかわらずこの軽さ、そして大きな美しいボケ味を持っているのは、何十年経った今でも唯一無二の存在と言えるでしょう。ぜひお試しください!


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年01月24日 17時30分 ]
1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP