StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】10万円以内で揃えるコスパ最強のフルサイズ「ニコン D610」

【Nikon】10万円以内で揃えるコスパ最強のフルサイズ「ニコン D610」

連載中の「カメラを愉しむvol.34」は、『【Nikon】10万円以内で揃えるコスパ最強のフルサイズ「ニコン D610」』をご紹介いたします。

2009年9月18日 私にとってカメラ人生を大きく変える決断をした衝撃的な日です。そう、この日はミラーレスカメラの先駆け「Panasonic GF1」の発売日。このカメラをきっかけに「SONY NEXシリーズ」など一眼レフカメラからすべてをミラーレスカメラに移行いたしました。

もちろん「電子ファインダーが楽しくない」「AFの性能が・・・」などと不満ばかりでしたが、マウントアダプターでマニュアルレンズを使う楽しさと軽さ、小ささの魅力が勝り完全にミラーレス化という流れに至りました。

あれから10数年が経過し、ミラーレス全盛期になった今。「久しぶりに・・・気持ちいいファインダーを覗いて写真を撮りたい・・・」という思いからセレクトしたのはNikon D610!ニコンは私の原点でもあります。

「FM10」「F-501」「F100」「D100」「D70」「D200」と愛用してきましたが、グリップの赤いワンポイントを見ると「写欲」がぞくぞくっと湧いてきます。レンズは旧世代のデザインが好きなため「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」をチョイス。さてどの様な描写をしてくれるのか楽しみです。

エンジンに火を入れ、新鮮な海の幸を食べに太平洋の海岸線に向かいます。

一眼レフだけではやはり目立ちすぎるので「SONY RX100シリーズ」も同行してもらいます。

USB給電できるのも嬉しいですね!さすが最近のカメラです。

曇り空でコントラストの低いシーンではありますが、改めて「Nikonの色はニュートラルで良い」と感じます。

作られた色が多い今のカメラですが、ありのままを表現してくれるカメラは少ないものです。

サンフラワーフェリーを発見。学生時代このフェリーに車を積み込み、北海道を旅したことを思い出します。

撮影をしていると「かに汁」の文字が飛び込んでまいりました。身体が温まります。

真っ青なビーチも良いですが、船場もまたよいものです。

磯のにおいに誘われ・・・

バターの香りが・・・おいしそうです。

ビビット系を選択し撮影してみましたが、最近のド派手な発色ではなくとても好印象。

私はカキが苦手なのですが、このクリーミーな味わいが好きという方も多いことでしょう。

2000年代の定番中の定番レンズ。全く写りに古さを感じません。現代のレンズよりも味わいを感じる優しい写りです。

サザエさんとはまぐり。やはり浜焼きは最高です。

新鮮なイカ焼きもしょうがをたっぷりのせていただきます!

我が家は誰もお酒を飲まないので「ノンアルコール」で乾杯。

改めて感じたことは「重い」けど「価値ある重さ」だなと感じました。

▶ 明るく見やすい光学ファインダーは最高です

▶ ミラーショックが心地よく、歯切れの良いシャッターサウンドに胸が高鳴ります

▶ ニコンの発色がとても自然で編集もしやすい

もうメリットしか感じませんでした。500枚撮影してもバッテリーは1メモリも減っていない。

ミラーレスならいつも心配で2個バッテリーを常備していますがその心配も無用です。

改めて「こんな安くていいの?」そう思える1台。ミラーレスと使い分けて明るく綺麗なファインダー像を愉しみたい時用に皆さまいかがでしょうか?

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年04月01日 11時53分 ]
+21

RECOMMEND

PAGE TOP