【Nikon】35mmどうでしょう

2019年も終わりに近づき、例年恒例にしている大掃除をしていたら1本のレンズが出てきました。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

Ai AF Nikkor 35mm F2D。持ってはいたけれど、あまり使っていなかったレンズです。

フィルムカメラの時代から作り続けられており、デジタルカメラで使われる事を想定して設計されていないであろうレンズ。

「デジタルカメラで撮影してみたらどうなんだろうか」

と、興味が沸きD610にて実際に試してみました。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

秋の紅葉時期から使い始めました。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

葉も落ちた頃。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

池の写り込み。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

絞りは開放値、最短撮影距離近くで撮影。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

手前に植物を取り入れて。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

夜にも撮影。

Ai AF Nikkor 35mm F2D

ライトの光を取り入れて。

色々なシチュエーションで撮影してみましたが、いかがでしょうか。

最大径×長さ[先端よりバヨネット基準面まで] :64.5×43.5mm
質量(重さ) :205gと、コンパクトな設計ながらきっちりと撮影が出来ます。

今回のようなお散歩写真用としてだけではなく、旅行に持って行っても重宝するレンズだと思います。
 
新しい設計の同焦点距離のレンズも多く販売されていますが、それでもずっと作られ続けているのは確かな描写をするからなのでしょう。

今回使ったレンズは↓こちらから。

[ Category:Nikon | 掲載日時:19年12月29日 09時00分 ]
2+

NEW POST

MORE
PAGE TOP