StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】NIKKOR Zレンズで秋の深まりを愉しむ

【Nikon】NIKKOR Zレンズで秋の深まりを愉しむ

私の地元にある八幡宮では毎年10月中旬から1ヶ月程「菊花展」が行われています。
ここ最近イベント的なものが中止になることが多いですが、先日側を通りかかった際、展示の準備をしている様子が伺えたので足を運んでみました。
京成電鉄のすぐ線路脇にある神社は、車窓からもその様子を伺うことができるので、訪れるタイミングを図るにはとても便利です。
 

葛飾八幡宮 参道

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 露出:1/100秒、F5.6、ISO 64

踏切を渡ると銀杏並木の参道が続いています。この菊花展が終わる頃になると、沢山の実が落ちて独特な匂いに包まれます。
苦手な方も多いと思いますが、幼少の頃から近くに住んでいたため、この匂いを嗅ぐと秋の深まりを感じます。
 

菊

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR S 露出:1/320秒、F4、ISO 64

では、今年の作品を見ていきましょう。
例年に比べると数が少ないものの、いろんな色の花が目を楽しませてくれました。
今回も新調したばかりのマイクロレンズ「Nikon NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR S」で目一杯寄って見ました。
 

菊

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR S 露出:1/100秒、F3.5、ISO 64

丸く咲く花はとても柔らかそうで、思わず触りたくなります。そんな質感を見事に捉えています。
 

菊

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR S 露出:1/40秒、F3.5、ISO 64

花の中心部だけを切り取ってみると、何か別の生き物のようにも見えます。
引いて見るのと寄って見るのでは大違い。マイクロレンズは1つの物をいろんな物に見せてくれる面白さがありました。
 

随神門

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 露出:1/160秒、F5.6、ISO 64

レンズを標準ズームの「NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S」に戻し境内を散策します。
木によってバラツキはあるものの、銀杏も黄色く色付いていました。参道にある随神門の朱色とのコントラストがとても綺麗です。
 

葛飾八幡宮 本堂

使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 露出:1/160秒、F5.6、ISO 64

銀杏の色づきが始まったとなれば、絶対に見ておかなくはならない木が八幡宮にはあります。それは本堂右脇にある「千本公孫樹」と呼ばれる大銀杏で指定樹齢1200年と言われています。
色づいた木を楽しみに本堂まで進んだものの、この木だけはまだ緑の葉で一杯でした。少し残念な気もしましたが歴史ある老木が他の木に負けない位、青々と元気な姿を見せてくれている事に嬉しくも思えました。また日を改めることにします。
 

千本公孫樹

使用機材:Nikon D850 + AF-S NIKKOR14-24mm F2.8 G ED 露出:1/125秒、F5.6、ISO 64

自宅に帰りPCで撮影データを整理していたら、数年前に撮影した千本公孫樹の写真が見つかりました。
Z7と同じ4575万画素センサー搭載の「D850」に超広角ズームの「AF-S NIKKOR14-24mm F2.8 G ED」との組み合わせで撮影したデータ。改めて見返してみても、細部まで捉えている見事な解像力です。
それにしてもベース感度64のニコン4500万画素機は本当によく写ります。間も無く発売のフラッグシップ機も楽しみで仕方ありません。
 
 

▼ 今回の使用機材 ▼

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年11月23日 10時59分 ]

 
マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! スピーカープレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP