StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Zシリーズとオールドレンズで撮る動画 Vol.8 Ai-S Micro-Nikkor 55mm F2.8

【Nikon】Zシリーズとオールドレンズで撮る動画 Vol.8 Ai-S Micro-Nikkor 55mm F2.8

写真だけではなく動画性能も優れているNikon Zシリーズ。
Zマウントの最新レンズで撮影するキレの良い4K動画は、見ていて惚れ惚れしてしまいます。

しかし、あえてオールドレンズを使って撮影することで、普段とは違った雰囲気ある動画が撮れるのではないか?
と、ふと思うことがありました。

ミラーレスカメラが主流となったここ近年、マウントアダプターを介してフィルム時代のレンズ(俗にいうオールドレンズ)を用いた撮影を楽しむ方が増えました。
独特のボケ感、気持ちの良いフォーカスリングのトルク感、言葉では表現できない懐かしい雰囲気の描写。

動画用のレンズや現行のレンズでは決して表現できない世界が、オールドレンズを使う事で大きく広がるかもしれない。
という事で、Nikon ZシリーズのカメラにNikon オールドレンズを装着して撮影した動画を紹介していきたいと思います。

昔からNikonレンズはFマウント共通なので、純正のマウントアダプター「FTZ」があればオールドレンズを色々と試せるのもNikon Zシリーズのメリット。
追加でマウントアダプターを買い足さなくて済みますので、是非皆さまもお試しいただけば幸いです。

Nikon Z5×FTZ×Ai-S Micro-Nikkor 55mm F2.8

今回ご紹介するレンズは、1981年に発売された『Ai-S Micro-Nikkor 55mm F2.8』です。

本レンズの構成は5群6枚玉。近距離補正方式で最短撮影距離0.25mのマイクロ(ハーフマクロ)レンズ。
ピントリングは程よく重みがあり、動きは滑らかでピントを合わせる際の微調整がしやすいです。
黄色、橙色、青色のカラフルな距離指標はどことなくレトロ感があり、現在の現行レンズではお目にかかれないデザインで心が惹かれます。

この日訪れた場所は銀座、有楽町近辺。
毎日のように雨が降り続け、じめじめと蒸し暑い気温が続きます。
今日もあいにくの曇り模様で、雨が降ったり止んだりと落ち着かない様子。

今回は曇り空、雨の下で撮影したすこし単調で落ち着いた雰囲気の写真をお送りいたします。

動画冒頭の交差点は銀座のとある有名な撮影スポット。
建物の上から地上を見下ろすと人並みや車がとても小さなジオラマみたいに写ります。
カメラ越しに車や人の流れをじっと眺めていると、いつの間にか時間の経過を忘れてしまいそうになります。

この様子はぜひ動画でご覧ください。


雨の日に必ず撮る被写体。
じめっとべたつくような梅雨の匂いや空気感が漂う雫。
柱に水の色が反射して綺麗なグラデーションが映えました。


電球の光が絵の具で塗ったような、程よい滲み具合になりました。
人通りが少なく静かな空間で、雨の雫が滴り落ちる音とともにカメラのシャッターが小さく響き渡ります。


高架線下の通路、湿り気を帯びたアスファルトの質感が描写されました。
薄暗い空間にほんのりと店内の灯りが差し込みます。

静かな雨音と湿気った空気、ごうごうと大きな音を鳴らす室外機。
蛍光色な文字の看板がいい味を出しています。


今回の撮影に使用した55mmのマイクロレンズは接写撮影はもちろんのことスナップ撮影にも使いやすい標準画角。
被写体の色味や線がしっかりと描写され、古いレンズでありながら高いコントラストと解像力の良さを実感しました。

最新のZレンズの描写性能もさることながら、Aiレンズでなければ味わうことができない魅力的な画作りは新旧の差を感じさせません。
時にはオールドレンズを持ち出して、のんびりと街を散策するのも一興です。
皆様もぜひ楽しんでみてください。

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年07月17日 12時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP