StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Z6 + HASSELBLAD C 80mm F2.8

トンネルを抜けると・・・

羽毛(うもう)ゲイトウの花畑でした!
赤、ピンク、ローズ、黄色、オレンジの5色の花がなんと40万本。
ここは、埼玉県の国営武蔵丘陵森林公園です。

HASSELBLAD C 80mm F2.8 をマウントアダプターを介してNikon Z6に装着して撮影しました。
このレンズは、6×6判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C(1957~1970)の標準レンズです。

HASSELBLAD用のデジタルバックを用意しなくとも
デジタル撮影が手軽にできるミラーレスカメラ+マウントアダプターは、本当にありがたいものです。

絞り優先オートで露出決定も容易です。必要に応じて露出補正をかけるだけです。

レンズの絞りリングを回しても、絞り込みボタンを押さないと絞りは開放のままです。そこは、少し慣れが必要なところです。

トノサマバッタが飛んできました。とっさのシャッターチャンスでもミラーレスカメラなので対応できました。
HASSELBLAD ではバッタを撮ることはできなかったことでしょう。

最短撮影距離は0.9mと長めなので、クローズアップは苦手です。このカットはHASSELBLADのエクステンションチューブ 10を使用しました。

こちらは「こもれび花畑のコリウス」です。7品種1万3千株が見ごろでした。

ピントを合わせた葉脈のシャープさもさることながら、背景のボケも美しいと思います。

この Planar 80mmは、現代にはない、60年以上前の手の込んだ美しいデザイン、

そして、金属とガラスの質感と重量感もたいへん魅力のあるレンズです。

ミラーレスカメラとマウントアダプターによって、最近使っていないな、という古いカメラのレンズも

久しぶりに使ってみよう!と思うことが増えています。




 

 

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年10月16日 11時00分 ]

 
マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! スピーカープレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP