StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Z6IIで手軽に始めるスローモーション動画

【Nikon】Z6IIで手軽に始めるスローモーション動画

Nikon Z6IIで簡単かつ手軽にスローモーション動画が楽しめる機能についてご紹介いたします。

最近ではスマホの動画機能やアプリを使って簡単にスローモーション動画を撮影することができますが、本格的なデジタルカメラを用いれば、その画質やボケ味などの画作りは格別なものとなります。

今回ご紹介するのはZ6II内に搭載されているスローモーション動画機能について。

まずは設定から入ります。

上画像のように、menu画面の動画モードから【画像サイズ/フレームレート】を選択すると下部に【30P 4倍スロー、25 P 4倍スロー、24P 5倍スロー】という3つの項目が出てきます。

このいずれかを選択した後、通常どおり動画撮影を行うとカメラ内で自動的にスローモーション動画が生成されます。

2つ注意点を挙げますと、①音声は記録されない ②再生はスローモーション動画のみ

ということ。これらの点を踏まえた上で撮影に臨みます。

この日は小さな動物公園に訪れました。柵のなかでリスが素早く駆け回っています。

ここからスローモーション動画より切り抜きした写真を数枚ほどご紹介いたします。


ピンク色の羽がキュートなインコがくちばしと脚を器用に使って柵を移動していました。

実際の模様はこの後の動画でぜひご覧ください。


ゆったりと敷地内を歩くカピバラ。体毛は太くしっかりとしていて撫で心地がよいです。

のんびりと眺めているだけで癒しの効果が感じられます。


にゅっと首が伸びる鳥。可愛らしい動きをしていました。

今回撮影に使用した機材はNikon Z6II ×NIKKOR Z 24-200mm F4-6.3 VRの組み合わせです。

小さな動物公園の敷地内であれば望遠側200mmでも問題なく撮影できました。

小回りが効く利便性の高さから高倍率ズームは非常に扱いやすくおすすめです。

こちらがスローモーション機能で撮影した動画です。

画像サイズとフレームレートの設定は【1080 25p ×4倍スロー】で撮影しております。

編集は動画を繋げただけで、映像の速度部分には一切触れておりません。

カメラ内の自動生成でいつもよりスローな動物たちを捉えることができました。

 

カメラまかせのスローモーション動画はいかがでしたでしょうか。

動物やスポーツなど素早い動きに対してこの機能を使用すれば、肉眼では捉えきれず見逃してしまうような決定的瞬間をゆっくりと映し出すことができます。

もしかしたらおもしろシーンを捉えることだってできるかもしれません。

難しい動画編集は不要で楽しめますので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

[ Category:Nikon | 掲載日時:21年03月27日 12時00分 ]
+1

RECOMMEND

PAGE TOP