【Nikon愛】ありがとう、D5100

メーカー愛スプリングバトルNikon編

こんにちは

本館5F、タケチョフです。

あなたにとって、思い出に残るカメラは何ですか?

きっと、お客様の数だけ、答えとその理由があることと思います。

「どんなカメラを手にしても、こいつの事は忘れない――― 」

私にとってのそんなカメラは、コチラです。

null

Nikon D5100

・1620万画素CMOSセンサー搭載
・画像処理エンジンEXPEED2搭載
・バリアングル液晶
・スペシャルエフェクトモード

と、魅力的なスペックもさながら、

私にとっては数値や機能以上に思い入れのあるカメラです。

その理由は、使いこんだ回数です。

もはや体の一部といってもいいかもしれません。

null

D5100と旅した国、40ヶ国以上―――

赤道直下の炎天下、45℃の灼熱でも、

極寒のシベリア、-50℃の極寒でも、

アラビアの砂漠、視界わずか数mの砂嵐でも、

軍が厳重に警戒する、紛争地帯でも、

電気もガスも無い未開の地でも、

D5100はいつだって、しっかり私の肩からぶら下がっていました。

私の持ち物の中で、一緒に400,000km以上も一緒に旅した数少ないものの一つです。

色々な意味で、決して褒められるような、丁寧な使い方ではないのかもしれません。

メーカーが発表している、推奨環境に沿って言うならば、

私の使い方はユーザーとして限りなく「0点」に近いのでしょう。

それでも、悲鳴ひとつ上げずに頑張ってくれた「D5100」

最初は、

「軽量で持ち運びが楽だから」

「高感度に強そうだから」

そんな安易な理由で選んだサブ機でした。

それがいつしか、無二の相棒になるとは、最初は想像もしていませんでした。

諸事情により手放してしまったこと。

今でも時々思い出しては悔やんでいます。

そして、発売当初に喜び勇んで買ったD5100は

とうとう今月、ボディ・キット共に新品の取り扱いが終了し、

今後は中古を待つのみとなりました。

ありがとう D5100

もし、

Nikonの神様が、

何か1台、ボディをくれるなら。

私は迷わずD4

あ、あれ?

…失礼しました。

……口が滑りました。

もし、

Nikonの神様が、

何か1台、ボディをくれるなら。

私は迷わずD5100を選ぶでしょう。

皆様もスペックを越えて、手放せない思い出の1台

是非とも大切にしてあげてくださいね。

↓クリックで1票!
[ Category:Nikon | 掲載日時:13年04月23日 12時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP