【マップカメラ情報】【Nikon ニコニコニュース!!】 Nikon 1 の目指すもの

こんにちは!1号店5階ニコンフロアです。

11年11月11日。

続きにあやかりまして、Nikon 1 の革新的な新機能を
ちょこっとご紹介をさせて頂きたいと思います。

null

コンパクトさとスタイリッシュを追求したJ1 と、
電子ファインダーを搭載した上位機 V1 の両方に搭載されている1インチのセンサー。

ニコンが謳っている 高速AFと高速連写を実現しているのがコチラのセンサーです。

null

レンズ交換式カメラで世界初の搭載となる像面位相差AFは、ピントがどれくらいズレているのかが
瞬時に判断できるのでコントラスト式に比べ高速なピンと合わせが可能となっています。

同時に搭載しているコントラストAFとの併用で、シーンを問わず高速で正確なAFが実現できているとの事。

しかし位相差AFというのは、今まで位相差AFモジュールが別に存在するという方式ばかりで
増面に直接光が届くミラーレスには搭載できていませんでした。

SONYがトランスルーミラーを搭載したり、フジフィルムが位相差AF素子をコンデジに搭載したりしてきましたが、
どちらもそれぞれ「大型化してしまう」・「レンズ交換式に対応していない」など小さな問題がありました。

そこで革新的な技術を世に出したのが、このNikon 1シリーズの1インチセンサーです。

Nikon 1のセンサーをある角度から見てみると、、

Nikon1

※クリックで拡大。
画像は見えやすいように、彩度・コントラストを変えてあります。

横線がうっすら、何本も並んでいるのが確認いただけるでしょうか?

これが位相差AFセンサーです。ライン状に配置されています。

このライン状に配置された位相差AF素子が高速なAFを実現しておりますが、
このままではせっかくの素晴らしい革新的センサーもいわゆる【ドット抜け】がライン状に出てしまうことになります。

そこでニコンが開発したのが高速処理を可能とした画像処理エンジン、エクスピード3です。

撮影された画像にあるドット抜けを、瞬時に周辺画素から補完して
ピクセル等倍で見ても全く分からない処理を行ってしまいます。

この処理がどれだけ早いかは数字を見ても想像ができませんが、1000万画素の画像を
1秒間に60コマも撮影できることを考えれば、その処理スピードがどれだけ高速なことが分かります。

ニコン渾身の新カメラ。

Nikon 1 にはニコンの情熱がどれほど強く注がれているか。
カメラに触れれば触れるほどそのすごさに驚いてしまいます。

またこの他にもカメラの基本性能をかなりアップさせているNikon 1を、
店頭では実際に触ってお試しが出来ますので ぜひご覧になってみてください!!

1号店5階ニコンフロアでお待ちしております!

Nikon V1レポートはコチラ

Nikon V1試写レポートはコチラ

Nikon 1 関連商品はコチラ

Tel.03-3342-3381(1号店共通)

[ Category:Nikon | 掲載日時:11年11月11日 21時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP