【マップカメラ情報】【Nikon ニコニコ ニュース!!】さらにさらに近くに引き寄せてみる

null

春まだ浅いこのごろではございますが皆様いかがお過ごしでしょうか

マップカメラ本館5階ニコンフロアです

以前 なるたけなるたけ近くに引き寄せてみる と言うブログを掲載させていただきましたがその続編です

超望遠域を使用するには

なるたけ焦点距離の長い望遠のレンズを用意するか

イメージセンサーの小さいものを用意するか

テレコンバーターを使用するかなどの幾つか方法があります

前回のブログではNikon AF VR ED 80-400mm F4.5-5.6 DにAPS-Cフォーマット 

Nikon D300の機体を使用して1.5倍とし400mmを600㎜相当として使用しました

今回は引き続き Nikon AF VR ED 80-400mm F4.5-5.6 D を使用して更に引き寄せてみようと思います

null

その方法としてはマウントアダプターを利用してマイクロフォーサーズの機体を使用してみました

つまり通常の2倍、400㎜が800㎜になると言うわけです

今回用意した機体はこれ

OLYMPUS OM-D E-M5

null

高精細144万ドット内蔵EVFはとてもみやすかったです

光軸上にファインダーがあるのも構図を狙いやすい位置で良し

世界初「5軸対応手ぶれ補正」もよく効いていたようで

800㎜を手持ちにもかかわらず手振れを気にせず撮影できました

マウントアダプターはこれ 

Voigtlander F Micro Four Thirds アダプター

null

このアダプターは以前にも何度か使いました

詳しくはこちら

たまには違うボディで撮ってみる ① 

たまには違うボディで撮ってみる ②

さて焦点距離が2倍になるので引き寄せる画もさらに迫力のあるものになります

しかしながらオートフォーカスは効きませんのでマニュアルであわせることになります

それでもアダプターを介すことによって色々なマウントのレンズを使用できるのは大きなメリットですね

null

前回に引き続き成田空港の展望デッキから

null

null

展望デッキにはこのような撮影用の穴が設けられていますので

77㎜径ぐらいのレンズならば問題なく撮影できます

null

null

電子ビューファインダーをのぞきながら構内を撮影してましたが

目の悪い私でも画をしっかりとピントを確認しながら撮影できました

さすが144 万ドットのファインダー、視野率も100%なので構図も取りやすいですね

さて、さらにさらに引き寄せてみるということで

航空機のコクピット部分を引き寄せてみましょう

ちなみに下の写真はD300で撮影したものです

null

OLYMPUS OM-D E-M5Nikon AF VR ED 80-400mm F4.5-5.6 Dを組み合わせ

望遠端800㎜で撮影したものがコチラです!!

null

なかなか迫力のある写真になりました!!

前の写真の航空機とは別の機体ですし位置ももう少し近いところに

駐機していたもの撮影したのですがかなり引き寄せられたと思います

避雷針やらビス止め部分、ワイパーまで精細に描写されています

null

ここまで引き寄せられればいつもとはまた違う世界が見えてきますね

null

null

たまには違うメーカーのボディで撮ってみるのもいいものです

ご興味をもたれた方はぜひご連絡下さい!!

各商品名をクリックしていただくとインターネットからもご注文いただけます

商品についてのお問い合わせは本館5階ニコンフロアまで!

Tel.03-3342-3381(本館代表)

お電話・ご来店お待ちしております!!

[ Category:未分類 | 掲載日時:13年02月06日 13時05分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP