StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】 OLYMPUS,Boy 【OM-D E-M1X × 望遠 × モータースポーツ】

【OLYMPUS】 OLYMPUS,Boy 【OM-D E-M1X × 望遠 × モータースポーツ】

【OLYMPUS × モータースポーツ】

私は普段、フルサイズの一眼レフやミラーレスを使用しモータースポーツを撮影しておりますが、今年最後のレース観戦ではマイクロフォーサーズのカメラを導入し撮影を行いました。

今まで、一度も使用したことがないマイクロフォーサーズのシステムですが、焦点距離が35mm換算で2倍ということなので、サーキットでは間違いなく有利。

しかも、機材がコンパクトになるので機動力も出てきます。今まで一脚を使用して撮影していましたが、手持ちで撮影できたりと非常に撮影の幅が広がりました。

さて、今回の撮影で使用した機材はボディがOLYMPUS OM-D E-M1X、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROにテレコンバーター MC-14の組み合わせになります。

非常にコンパクトな組み合わせですが、1.4倍のテレコンバーターを入れることで35mm換算840mm相当と超望遠レンズになります。(撮影レースは富士スピードウェイにて12月19日/20日に開催された、SUPER FORMULAとSUPER FORMULA LIGHTSになります)

それではご覧ください。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/125 / ISO:200

まずはSUPER FORMULA LIGHTSから撮影をしてみました。

1年ぶりのフォーミュラカー撮影でしたので、あまりにも速いカテゴリーから撮影すると間違いなくリズムを崩すと思ったのでFORMULA LIGHTSで勘を戻すことに。(SUPER FORMULA LIGHTSのコースレコード 1’31.370・SUPER FORMULAのコースレコード 1’19.972)

いきなりシャッタースピード(以下SSと略)を遅めに設定し撮影に臨みましたが、非常に快適に撮影ができ驚きました。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F8 / シャッタースピード:1/100 / ISO:200

ストレスなく動体撮影に挑めるのは、間違いなく「インテリジェント被写体認識AF」のおかげ。

被写体に最適なAFポイント(レーシングカー/飛行機/電車)がアシストしてくれるのです。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/100 / ISO:200

フォーミュラカーを撮影する際は、ヘルメットにピントを合わせること意識していますが、ドライバーのヘルメットに小さなAFポイントが現れ、追従してくれるためピントを外すことなく撮影が出来ます。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200 / ISO:250

ファインダーを覗かず、背面モニターを見ながらでもストレスなく撮影ができました。

そして翌日カテゴリーを変えて撮影に臨みます。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/60 / ISO:64

かなり機材にも慣れてきていたので、SSを1/100以下に設定。

撮影自体は問題なくできたのですが、撮影時間と場所の関係で逆光。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/60 / ISO:64

決勝レースが始まるまでに急いでコーナーを変えることに。

そして歩き回り私が選んだのはコカコーラコーナー。(機材が軽いのは本当に助かりました。)

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F18 / シャッタースピード:1/100 / ISO:200

インテリジェント被写体認識AFの動き方にも慣れてきたので、SSは比較的遅めで撮影しました。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/50 / ISO:125

比較的進入速度が速いコーナーにて撮影をしましたが、SS1/100以下でも狙った被写体をしっかりと捉えてくれます。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/80 / ISO:200

正直なところあまり撮影が得意なコーナーではないのですが….

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/60 / ISO:125

普段とは機材の重さが違うため、色々な場所からコーナーを狙い最適な場所を見つけることができ、お気に入りのコーナーに変わりました。

OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + テレコンバーター MC-14

絞り:F22 / シャッタースピード:1/60 / ISO:100

限られたレース開催の中で、初めて使うE-M1X。

私は初物にめっぽう弱いのですが、「E-M1X」の操作性は非常に良く、長年使用してきた機材のように扱うことができ、ストレスなく快適に撮影することが出来ました。

私が撮影している場所で撮っている方々は、大きな望遠レンズに大型のボディ。非常にコンパクトな私の機材ではだいぶ浮いてしまいますが、「まさかそこのコーナーを撮っているのか!」と、周りからは驚かれるかもしれません。

正直、自分自身が一番驚かされました。

次のレース観戦はいつになるか分かりませんが、早くE-M1Xを使いたくて仕方ありません。

 

 

 

 

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年12月31日 12時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP