StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】カラ~、カラ~、カラーネガフィルム

【OLYMPUS】カラ~、カラ~、カラーネガフィルム

新年おめでとうございます。

今写真を撮るのは少し難しいので、何年も家の冷蔵庫に豆腐やにんじんと一緒に入っていた、撮影済み(2012年~2019年)のカラーネガフィルムを、思いきって現像しました。カメラはフィルムコンパクトカメラ、OLYMPUS (オリンパス) μ(ミュー) Ⅱ、フィルムは、FUJIFILM (フジフイルム) SUPERIA PREMIUM(スペリアプレミアム) 400(ISO400)です。

μ Ⅱは、なんといっても、シャッターの機動力がいいカメラです。SUPERIA PREMIUMは、忠実な色の再現を基本としているフィルムです。

だいたい写っているのだろうか…。どこで現像しよう…。結局、以前お世話になっていたラボに電話をし、現像が終わったらカラーベタ(コンタクトプリント、ネガ密着焼き)を焼いて、デジタルデータになどと言っている、化石のような私とのやり取りに、もう半分笑いながら、でもそのうちに、「あぁ、あの時の…あの人だ。」と、現像に通っていた頃を、お互いに思い出し、なんだかうれしく安心して、ノーマル現像からデジタルデータにすることとなりました。

 

こんなに眠っていたのに、少しザラザラした写真を見ていると、ジワッと、記憶がどんどん鮮明に戻ってきます。フィルムの経年劣化は避けられませんが、改めて、カラーネガフィルムの、時間と温度の振れ幅が広いことを感じました。

あぁ、写っていてよかった。

雨の降る前の湿ったにおいや、春先の山に響くウグイスの「ホゥー…。…。」(…ホケキョが無い。まだ練習中かな。)そんな声を全身で感じられるようになったら、また、写真を撮りに行きます。

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:21年01月02日 11時00分 ]
+10

RECOMMEND

PAGE TOP